So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

長崎で「だるま太陽」と「浮島現象」が珍しい共演 [自然・動物]

今朝(2017年11月21日)長崎で、
「だるま太陽」と「浮島現象」の共演という
珍しい現象が起きた!





<スポンサードリンク>



場所は長崎市の沖50kmほどにある
五島列島の五島市。



<だるま太陽>
海面から顔を出す朝日の形が、
円や半円ではなく、だるま型になっている。

<浮島現象>
沖合にある別の島が、
まるで水平線上に浮かんだとように見える。

この珍しい幻想的な現象が1分ほど続いたそうだ。

これらの現象は、蜃気楼の一種。
上空の空気と海面の空気の温度差で
光が屈折して起きる。

秋から冬の冷え込んだ晴れの日に起きやすいそうだ。

だが、個別でもなかなか起きないのに、
たまたま日の出の時間に、太陽の方角の程よい距離に島の
ある場所で、大気がそうなったという偶然も重なって起きたものだ。


cf) 西日本新聞


日本蜃気楼協議会 (著)
蜃気楼のすべて!
濱野 敏男 (著),‎ 竹内 敏信 (監修)
富山湾―蜃気楼の海、竜巻の浜、豊漁の港



<関連記事>
奇観「影鳥海」が出現!
ピンク色の虹がイギリス西部に出現!
コスタリカのターコイズブルーの川の謎
イタリアであまりにも超局所的すぎる雨
大阪周辺中心に不思議な雲が頻発、地震雲か?
不毛の砂漠が一夜にして花の楽園に~アンザ・ボレゴ砂漠(カリフォルニア)
月虹が石垣島に出現!
父島三日月山展望台でグリーンフラッシュ!
何かが青く輝く幻想的な夜の海の風景
太陽に天使の羽が生える奇跡!
幻想的な濃霧に包まれた「天国へのハイウェイ」


<スポンサードリンク>




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

南極の氷が融けているのは火山のせい!? [自然・動物]

ここ数年、南極の巨大な棚氷が崩れたとか、
南極の氷が融けたら海水面が何10mも上昇してしまう、
といったニュースが相次ぎ、その原因は
「地球温暖化」とされてきた。

ところが、そうではない可能性が出てきた!?

南極の火山
(出典:NASA


<スポンサードリンク>



上の図は先日(2017年11月7日)NASAが発表した
南極の氷の層の地下の様子。

水色の点は湖、青い線は川を表している。
地表は厚い氷で覆われてるのに地下に湖や川?
と、なんとも妙な状況になっていることが判明した。

なんと、南極には138もの火山があるという。
日本なら火山と言えば温泉がつきもの。
活火山ではなくても、相当な地熱がある。

つまり、南極の氷が大規模に融け出している原因は、
火山の地熱である可能性が出てきたのだ。

上の図の出ているページでも、こう出ている。
「南極大陸の下からイエローストーンと同等の地熱が発生し、
それが南極の氷床を溶かしている」


そうなると、地球温暖化どころの影響ではない。
火山の規模や活動次第では、
一気に融けても不思議ではないのだ。

万一、南極の全部の氷が融け出したら
世界の海面が約60mも上昇するという試算がある。

話半分にしても、あるいは融ける量が半分だったら、
海面は30mほど上昇する。

「/flood.firetree.net」というサイトがあり、
洪水のシュミレーションができる。
そこで30mで関東地方を試してみるとこうだ。

関東30m洪水
(出典:Flood Fire Tree

東京湾周辺のかなりの土地が水没してしまう。
標高の低い南の島々だけの問題ではない。
日本への影響も甚大なものだ。

これはきちっと調査し、対策を練らなければいけないだろう。


cf) indeepNASA


深井 有 (著)
気候変動とエネルギー問題
 - CO2温暖化論争を超えて
深井 有 (著)
地球はもう温暖化していない:
科学と政治の大転換へ



<スポンサードリンク>




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の2件 | -



人気ブログランキングへ