So-net無料ブログ作成

各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆? [自然・動物]

ここ10日間ほどの間に、あちこちで
地面すれすれの低い虹(水平虹)が各地で観測されている。

これは吉兆?凶兆?

Rainbow1.JPG
(出典:グリーンピア大沼twitter


<スポンサードリンク>



普通の虹は、中くらいの高さの空に
雨の後などに半円状のアーチを描く。

ここのところ増えているのは、
周りの山よりも低い、直線に近い虹だ。








低いところに虹が出る仕組みは、
気象ひとくちメモhttp://www2.jrt.co.jp/cgi-bin3/memo/memo.cgi?no=143によると、

---------(ここより転載)----------

Rainbow2.jpg

虹は自分の居るところでは雨は降っていなくて、
太陽のある方向と反対側で雨が降っている場合に見える。

太陽光線が雨粒の中で屈折・反射し、
光が波長ごとに七色に分かれて目に届くからである。

 よく見かける虹は、空にかかる半円形である。
虹の頂の高さは太陽と自分を結ぶ延長線から、40度と42度の間に出来る。

したがって、太陽が低い朝夕には高い虹が出来、
昼間は低い虹になる。

 質問の虹は、太陽が高いところにあるため、
虹が低く頭の部分だけが見えている状態だ。

高い虹は背景の雲が白や灰色で見えやすいが、
低い虹は山の木々の色に重なったりして見えにくい。

また、そんな低いところに虹が出るとは思っていないことも多く、
虹とは気づきにくいのも、水平に近い虹をあまり見かけない原因である。
(2003/7/3)

---------(ここまで転載)----------


<スポンサードリンク>






虹が高かろうが、低かろうが、
きれいな虹であれば、「ラッキー」と
吉兆という感じだろうが、
こんな話もある。

地震雲の観測を始めて30年になる
北陸地震雲予知研究観測所・所長の
上出孝之さんという方がいる。

例の3.11を2日前に予知した方だ。
場所は北海道と東北でずれはあったが、
青黒い巨大な断層形地震雲
分かったそうだ。

また、こうも言っている。
大きい地震が起きるときは、月が赤くなる。
また、一般的な住宅の屋根すれすれにかかる低い虹
地震発生の兆しです。
赤い色の月を見たら、海に近い場所では
津波に気をつけてほしいです。


極端に低い虹は地震の前兆だというのだ。
震度4であれば、今月関東・東北で計4回
起きているが、それ以上大きなものはない。

その仕組みについては分からないが、
地震観測30年の方のいうことなので、
一応、低い虹、赤い月を見たときは
地震に注意しよう。


参照:女性セブン

<関連記事>
完全に円形の虹がロシアで撮影された!
白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!?
月虹が石垣島に出現!







<スポンサードリンク>




タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ