So-net無料ブログ作成
検索選択

ハチに化けた新種のガが見つかった [自然・動物]

ハチ(蜂)も(蛾)も苦手だが、
さすがに見間違えることはない。

と思ったら、こんなガが沖縄で見つかった。
気持ち悪いかも知れないので小さめに。

Ga-bee2.jpg


<スポンサードリンク>



九州大学大学院1年の屋宜禎央さんが、
昨年の5月に、沖縄本島北部の国頭村で発見
していて、新種のガであることが分かった。

日本では初めて確認されたテイノタルシナ属という
種類ののガで、発見した屋宜さんらが
「テイノタルシナ アウランティアカ」と命名した。

長くて意味も分からないが、
ガというより恐竜みたいな名前だ。

全長3cmほどの小ささ。
先日3月7日に動物の専門誌『Zoo Keys』に
10ページに渡って掲載している。

Ga-bee-ZooKeys.jpg

Ga-bee3.JPG

ハチに擬態した種類は台湾や中国にも
分布しているらしいが、
今回の新種は沖縄本島北部にしか生息していない。

屋宜さんは、こう話している。
今後も調査を進め、日本列島に生息する昆虫の多様性や起源を明らかにしていきたい。


一般的にガがハチに擬態化するのは、
天敵の鳥から身を守るためだという。
鳥は毒針のあるハチを避けたいからだ。

チョウ(蝶)にそっくりのガもいるが、
ガを捕食する鳥はチョウも捕るので、
ハチに化けた方が安全なわけだ。

ハチに化けるとは、妙なガもいたものである。
これはうまく化けたものだ。


出典:沖縄タイムスZoo Keys


<関連記事>
巨大クリオネ、通常の倍以上~オホーツク流氷科学センター
新種のクリオネが100年ぶりに発見される!
イヌ型ネコ「リコイ」がかわいすぎる!


<スポンサードリンク>




タグ:ハチ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



人気ブログランキングへ