So-net無料ブログ作成
検索選択

スペースX社のロケットが打ち上げ前に爆発、その後方に影が!? [宇宙・文明]

9月1日にスペースX社が打ち上げ準備中だった
無人ロケット「ファルコン9」が突然爆発した。

SpaceXFalcon.JPG
YouTubeより)


<スポンサードリンク>



爆発したロケットは通信衛星「AMOS-6」などを
打ち上げ予定だった「ファルコン9」
ケープカナベラル空軍基地でのことだった。

打ち上げの失敗は時には起きてしまうが、
普通は打ち上げの最中や直後に多い。
今回は、打ち上げ前の燃焼実験中に起きた。

そして、よく分からないのが、爆発の直前から直後に
右上空から何らかの飛行物体が映っていたのだ。
2機か1機が折り返したか2回映っている。

まずは、こちらを普通に見て欲しい。
前置きが長いが、1分~1分30秒の間だけでいい。



-----------------------------------------
※2016/10/5 いつの間に動画が消されていました。こちらの冒頭でご確認を

-----------------------------------------

多分、何も気づかなかった方が大半だろう。

次にこちらの解説を見て欲しい。



これを見てから、上側の映像をコマ送りで見ると、
確かに球状の物体が超高速で右から左へ、
続いて左下から右上へと飛び去っているのが映っていた。


<スポンサードリンク>



ある研究家が映像上で計算したところ、
時速約5,800kmと出たらしい。
音速1225km/hの4.7倍にもなる

このスピードでは飛行機でも鳥でもない。
ましてやドローンでもない。

ちなみに、ICBM大陸間弾道弾は、
最大28,000/km以上出すので、それよりは遅い。

飛んでいるのが弾道弾なら別だが、
ロケットに突っ込んだ訳ではないし、
この超高速で折り返したようにも見える。

形は球状であり、もう未確認飛行物体(UFO)
としか言いようがないのだ。

ちょうど通り過ぎる際に爆発しているのだが、
何か砲弾やレーザー砲などを打ち込んだ様子はない。


尚、積まれていた通信衛星「AMOS-6」というのは、
facebookが先導している事業で
サハラ砂漠以南のアフリカにインターネットアクセスを
提供するためのものだった。

いろいろ巨大な利害が絡むようだが、
かといって、こんな攻撃手段があるとも思えない。

では、地球外生命が何か警告を発したのか?
打ち上げないよう爆破したのか、
爆発に注意しなさいと言いたかったのか?

真相はナゾである。

※9/15追記
11月からプロジェクトを再開するそうです。
今度こそ成功を祈ります。

続報(スペースX社の爆発事故に破壊工作説!?)


ref) National GeographicTOCANA


大崎 誠 (著)
英語が苦手なヒトのためのNASAハンドブック
サイトの使い方から宇宙・航空機関連の貴重な画像の探し方まで
ハロウィン コスプレ グッズ
NASA 宇宙飛行士ヘルメット



<関連記事>
スペースX社が2025年に火星植民へ!
探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌを目指して打ち上げ成功!
3月5日小惑星「2013 TX68」が人工衛星の高度まで接近!
ジュノーが木星にフライバイ、意外な画像と巨大オーロラのさえずりを記録!
「あかつき」、周回軌道投入に成功!


<スポンサードリンク>




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



人気ブログランキングへ