So-net無料ブログ作成

小惑星「2016 WF9」が2月25日に地球に接近 [宇宙・文明]

「2016 WF9」という昨年2016年に発見された小惑星が
2月25日頃地球に最接近するという。

SmallPlanet2.jpg
(イメージ)


<スポンサードリンク>



昨年NASAが、赤外線天文衛星NEOWISEによって
この小惑星(彗星)を発見した。

2017年2月25日に地球から5100万km付近を
通過すると発表している。

大きさは直径500m~1kmほどで、
太陽を約4年11ヶ月で、楕円状に周回している。

表面はほとんど光を反射しない暗い不思議な天体で、
通常の彗星と異なって、チリやガスも出していない。

今回2月に木星の軌道付近から近づいて、
火星の軌道を横切り、25日に地球に最接近し、
地球の軌道の内側に入ってから、また遠ざかる。

しかし、ロシアの自称天文学者である
Dyomin Damir Zakharovich博士なる人物が、
2016 WF9は地球に衝突し、都市を壊滅させたり、
津波を起こしたりする可能性があると警告している。

最近、例の惑星ニビルの関連でネット上によく
登場するらしいが、どんな人物かは不明。

NASAとは別の情報源からの発言らしいが、
単なるデマだと思いたい。


ref) Mail Online


Newton 小惑星インパクト
地球を救う宇宙プロジェクト
2880年小惑星が衝突する!
10人の天才科学者たち



<関連記事>
月より内側を通る隕石や小天体がまだまだあった
第9惑星を見つけよ!ハワイのすばる望遠鏡が始動
地球への20回もの天体衝突で月はできた?
巨大隕石「2000ET70」が4年ぶりに地球に接近
3月5日小惑星「2013 TX68」が人工衛星の高度まで接近!【NASA】
この星は何だ?あのニビルか?


<スポンサードリンク>




タグ:彗星 小惑星
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ