So-net無料ブログ作成

小松左京の予言?「アメリカの壁」 [社会・流行・乗物]

1977年に小松左京さんが発表した短編小説「アメリカの壁」が、
今のトランプ政権のアメリカを予言したものだ、と話題になっている。

アメリカの壁,小松左京
(左:1978年、中:1982年、右:2017年Kindle ~文春文庫)


<スポンサードリンク>



その話題のお陰で、Kindleや楽天Kobo等電子書籍で
今日2月10日から再発売される。

小松左京さんと言えば「日本沈没」が有名だが、
さすがにアメリカ大陸を沈没させる訳にもいかず、
国全体を白い霧の壁で覆ってしまった。
メキシコ国境のみならず、国全体を。

「輝けるアメリカ」などのスローガンを掲げた大統領が誕生し、
内向性が強まり、孤立主義が横行していく。
やがて、交通も通信も途絶える。

外部との接触が一切できない状態になり、
世界の政治・経済・軍事に欠かせないアメリカの
真の存在意義や闇を描いた小説。

日々twitterでトランプ砲を撃ちまくり、
内外に波紋を広げ、アメリカ第一主義、
見ようによってはアメリカ孤立主義を強める
今のアメリカとシンクロしているとも言える、

40年も前に書かれたSF小説に
現実が近づいている!

電子書籍で200円。
今日から1ヶ月間は100円で買える!




<スポンサードリンク>




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ