So-net無料ブログ作成
検索選択

クマ退治もロボットで!? [IT・技術・科学]

最近、様々な分野でAIやロボットが活躍するようになってきたが、
今度はクマ退治(鳥獣被害)に向けたロボットが誕生しつつある!

クマを追い払うロボット
(出典:Ready for


<スポンサードリンク>



ここ数年、山菜採り中にクマに襲われた、
というようなニュースが増えている。
クマが市街地に降りてきたケースも多い。

動物側から見れば「人間被害」なのだろうが、
必ずしも人間による環境破壊が原因とは限らず、
人を恐れない「新世代グマ」も増えているらしい。
狩猟免許取得者が激減しているのも要因だ。

そこに新たな形で対策に動き出したのが、
元々は医療工学が専門の秋田県立大学
システム科学技術学部 機械知能システム学科の
斎藤敬准教授らだ。

走り回る動物型ロボットかかし”を開発し、
 全国の鳥獣被害で悩む農家さんを救いたい!

プロジェクトの立ち上げも今どきらしく、
Ready forというクウドファンディングを活用した。

250万円の目標に対し、既に3月24日に
36人から255万円余りを調達して成立している。

下の動画は試作機だが、2018年3月31日までの
開発に動き出した。



なかなか簡単には解決しない問題だとは思うが、
動物、人間、ロボットの共生が
うまく進むことを願いたい。


ref) Ready forYahooニュース


TAKUMI ラジコン 亀
Smija ラジコン カニ



<スポンサードリンク>




nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ