So-net無料ブログ作成

箱根で大島桜がGW中満開! [自然・動物]

ここしばらく、遠出をしてなくうずうずしていたところに、
箱根で桜が満開という情報があり、
えっ?と思いつつも行ってみた。

箱根園の大島桜


<スポンサードリンク>



東京・神奈川あたりは4月上旬に満開になり、
とっくのとっくに桜は散っている。

それはソメイヨシノだが、箱根の箱根園にある
「湖畔の一本桜」と呼ばれる大島桜
4月の下旬に開花し、GW頃満開になるという。

上の写真の通り、確かに満開だった!
周りは芝生なので、シートを敷いてお弁当を
食べながらお花見の人たちもいた。

樹齢100年と言われ、幹周り5m、樹高12mもある。
なんだか富士山のような末広がりの容姿で
22mもの枝張りは実に見事だった。

箱根園の大島桜


せっかくここまできて、駐車場代も1000円かかったので、
九頭竜神社(本宮)にも行ってみた。

九頭竜神社新宮は箱根神社に隣接していて
駐車場やバスの便もあるのだが、
本宮はバス停も駅も駐車場もない。

箱根神社から、半分は歩道のない狭い道路を
約3km(45分)歩くか
箱根園まで車かバスで来て20分歩くかになる。

(実はモーターボートという手もあるのですが・・・)

箱根園から先は湖畔の歩行者&自転車専用の道(神山通り)。
芦ノ湖や湖面を進むボートや遊覧船を眺めながらで、
アップダウンもないので、
あまり時間や距離を気にせずに歩けてしまう。

途中からは、入園料500円で九頭竜の森の中を歩く。
ここにも何本か大島桜が咲いていた。
入ってすぐ横に白龍神社がある。

白龍神社

湖畔に立つ、簡素な神社です。
箱根権現でお祀りされていた「白和龍王」の名を
略したものだそうで、白龍大神をお祀りし、
写真の通り、鳥居も赤や朱色でなく白です。

天気がよかったせいもあるでしょうが、
淡く温かい気を感じる場所でした。

縁結びの神とも言われているようで、
女性の参拝者が多かったです。


<スポンサードリンク>



九頭竜の森の中をまた10分ほど歩くと
九頭竜神社です。
拝殿は比較的最近再建されたのか、
とても新しいものでした。

九頭竜神社

鳥居や灯籠(?)は古くからのもので、
参道入口は湖、あるいはボート乗り場になります。
写真にはありませんが、湖の中にも鳥居があるのです。

九頭竜神社

芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える龍神信仰の聖地で、
前の湖は奈良時代に箱根権現を建立した萬巻上人と、
九頭龍大神ゆかりの祭場となっているそうです。

新しくなった拝殿周辺とその他の場所で
気が異なる感じでした。
元の気に馴染むまで少し時間がかかりそうです。


この後、詳細は省きますが箱根神社にも行き、
隣の九頭竜神社新宮にもお参りしました。

そこも拝殿前に新しい建物(屋根?)ができていて
驚きました。最後に来たのは何年前だったか・・・

九頭竜神社新宮

建物が新しくなり、参拝者も若い人が増え、
神社の気も若くなった感じです。

九頭竜神社新宮

箱根神社の湖畔まで降りたところの鳥居の
手前にこんな石が参道にるのですが、
勝手に鯨石と呼んで、行くたびに挨拶しております。

箱根神社の鯨石


箱根さんぽ
(散歩の達人MOOK)
箱根寄木細工
秘密箱4回仕掛け



<姉妹サイト関連記事>
箱根神社
九頭龍神社
白龍神社


<スポンサードリンク>




タグ:箱根
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ