So-net無料ブログ作成

続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!? [宇宙・文明]

先日の記事「ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!」
続報があった。

真っ白な見かけ、3本指の他にも
驚くべきことが判明していた。

ナスカの白いミイラ


<スポンサードリンク>



前回公開のミイラは身長168cmほどの大人だったが、
今回はもっと小柄な女性や赤ちゃんが多かった。

ナスカの白いミイラ

最も驚かされた発見は、
レントゲン検査で、腰の部分になんと
見つかったことだ!

ナスカの白いミイラ

一体どういうことなのか?
外見はヒューマノイドだが、
今の地球人とは異なる進化をたどったのだろう
との見解が示されている。

卵だけでなく、上のレントゲン写真で分かる通り、
胸の部分に横長の妙な金属板がインプラントされている。

皮膚の表面ではなく、あくまでも胸の中である。
これも一体何のために、どのようにして
埋め込まれたのか全くの謎だ。


<スポンサードリンク>



その他、目立った特徴は次の通り。

・卵で繁殖する(卵生)
・頭の大きさの割に目が非常に大きい
・鼻の穴は2つあるが、ほぼ平らで鼻骨はない
・耳たぶや耳管がない
・あごが発達しておらず、かみ砕くことはできない
・骨盤前部にこぶがある
・全体的に骨が少ない
 -脊椎が11個(現生人類は30前後)
 -前腕、後肢の骨が1本(同2本)
 -指骨が3本(同5本)
 -手根骨がない

卵生や鼻の形状などいくつかの点は、ハ虫類の特徴となっている。
しかし、直立二足歩行をしていたことは確かで、
外見は現生人類にそっくりである。

ミイラ化されたのは西暦245年~410年と見られ、
ナスカ文化(紀元前200年~紀元後800年)と重なるのだが、
見つかったのは墳墓の中。

地球上で現生人類とは異なる進化を遂げて、
ナスカの地に暮らしていたのか、
宇宙からやってきて、この地で亡くなったのか??

また、保存用に全身に塗られた白いパウダーは
珪藻類であった。

珪藻は、ろ過、浄化、耐火など様々な用途に使われるが、
ミイラの保存に使われた例は他にはない。

陰謀論者ならば、これがレプティリアンだと騒ぎそうだが、
よく言うレプティリアンとは、
目やあごの構造などが違う気がする。

しかし、しかし、以前出ていた別の個体の動画では、
白いパウダーをこすって取ったら、こんなうろこ状の肌が
出てきたシーンもあった。

白いミイラの肌


今回はここまで。
また続報があったらお知らせしたい。


ref) GAIA
 ※写真はいずれも同サイトの動画より


<関連記事>
続報4)ナスカで発見の真っ白なミイラのDNA検査
続報3)ナスカで発見の真っ白なミイラのDNA
続報2)ナスカで発見の真っ白なミイラのプレス・コンファレンス
ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!


太田 龍 (著)
地球の支配者は爬虫類人的異星人である
デーヴィッド アイク (著)
大いなる秘密「爬虫類人」(レプティリアン)



<スポンサードリンク>




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ