So-net無料ブログ作成

幽体離脱の3つの方法!? [スピ]

Collective Evolutuionというサイトに、
幽体離脱(体外離脱)の方法が出ていた!

幽体離脱,体外離脱
(出典:CE


<スポンサードリンク>



随分前になるが、私はその昔Gさんの幽体離脱の
セミナーを受講したことがあり、何度も試したことがある。

あともう少し、というところまで行ったのだが、
「元の体に戻れなくなるかも」
という恐怖が出てきてしまい、結果的にはできなかった。

その時は、体の中の何かが、
グワァ~ッと大きく動くような体験をした。

その時に教わった方法に比べると、
Collective Evolutuionに出ていた
ケイリー・ブラウンさんによる方法は、
あまりにシンプルで、「えっ、これで?」という感じだ。

幽体離脱は、英語では「Astral Projection」とか
「Out-of-Body Experience」略してOBEという。

そして、3つの方法が提示されている。

① ロープ・テクニック


実際のロープを使う訳ではなく、イメージを使う。
ベッドに横たわって、天井から自分の真上にロープが
垂れさがっているとイメージする。

そして、そのロープを手で昇ってアストラル体を引き上げていく、
とイメージする。
めまいを感じることもあるが、問題ないので続ける。

とにかく、アストラル体が肉体から出るまで、
ロープを昇ることに集中することが重要だ。


<スポンサードリンク>



② 寝入る瞬間の観察


これは難しいかも知れない。

寝入る瞬間、意識を保ったまま、
睡眠に入る過程をずっと観察し続け、
アストラル体を肉体から抜け出させる
という方法だ。

夢を見ながら意識を保って、
アストラル体が肉体の上に浮かんでいる様子を
可視化できればうまくいく。

体だけ眠らせて、意識は覚醒したままにする
というのは、言葉としては分かるけれども、
実際には寝入ってしまう可能性が高い。

③ 二度寝法


これも2番目の方法に少し似ている。

起床時間の2-3時間前にアラームをセットしておく。
アラームに気付いたら、アラームを止めて、
すぐにまた眠りに戻る。

と言っても、眠りに戻るのは肉体だけで、
意識は覚醒した状態を保つ。

そして、アストラル体が肉体の上に浮かんでいる
様子を可視化する。


以上の3つの手法だが、
皆さんはできそうだろうか?

私も試してみて、何かあったらご報告します。


ref) Collective Evolutuion


<関連記事>
わずか3日で第三の目を覚醒させる!?
ゲリー・ボーネルの「7-1-7プラナヤマ呼吸法」
安倍総理が始めた4-7-8呼吸法って何だ? 1分で眠れるとか


大澤 義孝 (著)
28日間でマスターする 幽体離脱トレーニングブック
大澤 義孝 (著)
幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!



<スポンサードリンク>




タグ:幽体離脱
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ