So-net無料ブログ作成
検索選択

続報2)ナスカで発見の真っ白なミイラのプレス・コンファレンス [宇宙・文明]

前回7/23に紹介の
「続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?」
とは実際には前後してしまうが、2017年7月11日にペルーで
プレス・コンファレンス(記者会見)が開かれており、
その時の要旨をお伝えしたい。

ナスカのミイラ


<スポンサードリンク>



◆Nazca Mummy Press Conference


パッと見は皆真っ白で同じにしか見えないが、
細かく調査した結果、2種類いることが分かった。

ナスカのミイラ

・3本指は同じ
・片方は手の腱がカーブしている、もう一方はしていない。

ナスカのミイラ

・最大6つの指骨(指の途中の関節が5つ)ある
・別の種は足に4指骨、手に5指骨ある

 指骨:外に出ている指の骨
 中手骨:指の根元の掌の中の骨

・白い粉は、珪藻類
 シリコン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄を含む

・マリアと呼ぶ検体は厳密にはミイラではなく、
 内臓が全て残った保存死体だった。

・頭蓋がヒトよりもかなり大きく、脳の外周も非常に大きい

・ペルーの文化省と大統領に研究への参加を依頼する文書を
 送ったが、2-3週間たっても返事がない。
 いくつかの大学にも協力要請したが、笑って取り合わなかった。


<スポンサードリンク>



・ミイラから組織サンプルを採って、メキシコの大学施設で調べたところ、
 -脳:炭素14年代法で1050±30年前
 -手:1205年前
 -胴体:1771±30年前
 -子供のミイラ:791±30年前

 つまり、現代のものを合成するなどして偽造したものではない。

・アメリカで検査したところ、
 手が3380±30年前と大きく異なる結果が出た。
 別の検査では、同じ手が6420±30年前と出た。

 ⇒仮説として、地球生まれではないのかも知れない。
  地球環境でなければ、この年代測定法は使えない。

・マリアと呼んでいる検体では矛盾がなく
 各機関で、1750年前、1771年前、1775年前、1785年前
 とほぼ揃っている。

・ビクトリアと呼ぶ検体では
 1110年前、1105年前、1050年前、790年前

・解剖学的にも偽造である可能性はない

・大後頭孔が普通は円形か卵型なのに、これは四角い

ナスカのミイラ

・首が長く、首には椎骨がない
・肋骨が水平の角度で並行に並ぶ

ナスカのミイラ

・あごが小さく、飲み込みはできるが咀嚼はできない
・鼻孔はあるが、出っ張った鼻はない

・腰は半球状の関節ではなく、足は前後にしか動かない
・指の本数だけでなく、手根骨、くるぶしなどの構造が人と違う
 くるぶしから先は指が大部分で足の裏がほとんどない
・足の指先が90℃下に曲がっている
・指紋はあるが、平行線で渦を巻かない

・眼孔が大きい

・髪の毛がない、耳たぶがない、薄片のある肌、卵→は虫類的

・片方の種は、とう骨(前腕外側)と尺骨が分かれてなく1本のみ
 これは古生物学的にも記録がない
 ⇒よって、地球上で発生したのではない

・マリアには髪と乳房、乳腺がない→哺乳類、霊長類ではない

・万一、これが偽物、作り物ならば、責任者は罰せられなければならない、
 真実が何であれ、ペルー政府や関連機関も加わってもらって、
 真実にたどりつきたい、と非常に謙虚な姿勢

・ミイラは発見者から調査の期間だけ借りただけで、
 研究者たちの手元にはない。
 海外の投資家(?)が買い取るという話もあるが、
 ペルー国外に持ち出されたり、消されたりすることは望まない。
 だからこそ、ペルー政府に関わって欲しい。


出典:いずれも Gaia.com より




という訳で、今回の発見は学者らの探索の結果ではなく、
一般人が見つけて、今回の調査専門家チームの誰かに
つながり、そこから有志を募って調査したという次第らしい。

それも、ミイラの検体は、調査・研究のために一定期間
発見者から貸し出され、現在は一部の組織サンプルを除き、
発見者の元にあるそうだ。

限られた期間での調査だったため、全容が解明された
訳ではない。追加調査のためには発見者らとの調整が
必要になる。

発見者の意図は、これらミイラの正体は何なのかを
正式に調べて欲しいとも、高く売って儲けたいとも言われ、
実際のところは分からない。

調査チームは、(そのような利害関係者がいるかは分からないが)
実態が分かると困る組織等が買い上げて闇に葬られることを
恐れている。

それを防ぎ、できる限りペルー国内に留め、更なる調査と
博物館での展示棟につなげるべく、今回の記者会見や
ウェブサイトでの情報公開となったようだ。

今のところ作り物の可能性はほぼゼロと出ており、
また、きちんと管理しないとボロボロの砂になって
しまいかねないので、今は笑って全く取り合わないという
政府や大学等が認識を改めて動き出すことを祈りたい。


<関連記事>
続報3)ナスカで発見の真っ白なミイラのDNA
続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?
ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!


ナスカの地上絵 革製マグネット3種類
ペルー製
「ナスカ」-地上に描かれた遥かなる銀河



<スポンサードリンク>




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ