So-net無料ブログ作成
検索選択

ノストラダムスの2018年の予言 [感動・人]

2018年の話をするにはまだ気が早いが、
YouTubeにノストラダムスの2018年の予言が
早くも出ていたので、Best10だけ見ていってみたい。

ノストラダムス
(出典:ウィキペディア


<スポンサードリンク>



ノストラダムスの大予言は、1999年までじゃなかったの?
という人も多いかも知れないが、実際には3797年まである。

その中で、2018年に関するものを見ていきたい。

1)ヴェスヴィオ火山の大噴火


イタリアのヴェスヴィオ火山が大噴火を起こすという。
5分ごとに揺れ続けて、6000~16000人も亡くなるという
衝撃の内容である。これは当たらないで欲しい。

2)人が動物と話すようになる


「ブタが人間と仲良くなる」とあるのだが、どういう意味か?
科学技術の発達により、動物と会話できるようになると
いうことか、もっと別のことを象徴しているのか??

3)経済の崩壊


「驚くまでもなく、自然災害や戦争がビジネスにいい訳がない」
とある。逆に言うと、「自然災害や戦争によって経済が崩壊する」
という意味になってしまう。
これによって、「金持ちが幾度となく滅びる」とも書いている。

4)第三次世界大戦


「二大国間で戦争が始まって27年続く。
 空に彗星が出現するとともに巨大暴力が起きる。
 核テロと自然災害とが巨大惑星が地球に近づくまで
 この地球を破壊し続ける。」

何とも恐ろしいことが予言されている。
二大国というのは、アメリカと中国かロシアか?
北朝鮮もどうなるか?

戦争は絶対に避けなければいけないが、自然災害や
彗星や隕石による災害は、一体どうしたら小さくできるか??

5)近代最大の地震


世界中で地震が起き、特にアメリカ西部が危険だという。
日本への直接の言及はないが、南海沖地震や首都直下地震
などには十分備えなければならない。


<スポンサードリンク>



6)親になる権利


「子供をもつには資格や許可が必要になる。思い通りには
子どもを作れなくなる。」
日本は人口減に悩まされるが、世界的には人口過剰の
心配があり、産児制限をする国が増えるかも知れない。

7)寿命が200才以上になる


医学の発達で寿命が200才以上に延び、80才の人が50才
くらいにしか見えなくなるという。

寿命が延びるのはよいが、上の3~5との関連はどうなるのか?
長生きはしても、経済も社会もメチャクチャでは意味がない。

8)地球温暖化


「王が森を盗み、空が開き、野は熱で焼け焦げる」
地球温暖化や異常気象を予言していた模様だ。

9)言葉の違いが消える


「新モーター」の発明により、バベルの塔の時代に戻る」という。
「新モーター」とは、コンピュータや翻訳機のことだと思われる。
言葉の壁がなくなれば、国も存在しなくなる兆候だという。

10)西側諸国で税金廃止


来年にもすぐ起きるとは考えにくいが、スイス等で
ベーシックインカム制度が国民投票にまでかかり、
社会保障や税金の仕組みを大きく見直す動きも
あるのは確かだ。
参照⇒毎月27万円を国が国民に支給?スイスで国民投票


予言は当たって欲しい、と期待はするものの、
これら10の予言の中では、寿命が延びる話と
動物と会話できるようになる、
の2つ以外は起きて欲しくない内容ばかりだ。

まずは、警告として受け止め、
戦争は起こさず、科学の発達を享受しつつも、
平和で安全な社会を築くべく、努力したいと思う。





安田一悟 (著)
ノストラダムスの予言はまだ終わってはいない
P.ブランダムール (編集)
ノストラダムス 予言集



<スポンサードリンク>




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ