So-net無料ブログ作成

この本を読みたけりゃ燃やせ!? [グルメ・グッズ]

本は紙なのだから、燃やしてしまったら最後、
のはずが、読みたければ燃やせとは、
この本は一体どーなっているのか?

燃やして読む本
(下のInstagramより)


<スポンサードリンク>



この本のタイトルは『華氏451度』
1953年にレイ・ブラッドベリによって書かれたSF小説だ。

紙が燃え始める温度(華氏451度≒摂氏233度)を
意味している。

見た目は炭のように真っ黒なページばかりの本で
文字はまったく見えない。ところが・・・

※動画が表示されない場合は再読込してみて下さい

Preparing burning stuff for 2018 #fahrenheit451 #superterrain #designgraphic #artbook #thermochromic

Super Terrainさん(@superterrain)がシェアした投稿 -



何とも不思議だが、
一種の感熱インクで覆われているらしく、
常温では黒いが、高温では透明になって
文字が読めるようになるという。

なぜこの『華氏451度』が選ばれたかというと、
本の所持や読書が禁じられた、ある社会における
人間模様を描いた作品だからだ。

今の時代なら、国の検閲を問題にしたのかと考えそうだが、
実際には1950年代のテレビやラジオが広まりだす時代に
書かれたものだ。

画像や音声などの感覚情報ばかりの社会で、
そこでは文字情報の本の所持が禁止されており、
発見された場合はただちに「ファイアマン」という機関が
出動して焼却し、所有者は逮捕される。

「お前、本を持っているな」
「ほら、本の形だけど、文字はないです」
「おっ・・・、そうだな」
(でも燃やすと本になる!?)

いろいろな会話がなされそうだ。

「読む前によく燃やせよ」
「本当に燃えちゃいそうで怖いな」
「読みながら燃やさないとだめだ」
「あっ、手が熱い」
「我慢しろ、読めないだろ」
「手が先に燃えそうだ」

発売は来年らしいが、楽しみだ。

燃やしながら読むのは面倒な人はコチラ。

レイ・ブラッドベリ (著)
華氏451度



cf) COLOSSALウィキペディア


<スポンサードリンク>




タグ: 燃やす
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ