So-net無料ブログ作成

これが翼竜?本当に空飛べたの? [自然・動物]

これは、ケツァルコアトルス・ノルトロピ
これまでに見つかった翼竜の中で最大の種類だ。





<スポンサードリンク>



最近、新しい化石の発見が相次いで、
翼竜のイメージがかなり変わってきたらしい。

このような超大型もいれば、
スズメほどの超小型の翼竜も見つかっているという。

上のケツァルコアトルス・ノルトロピは体高が
キリンほどもあり、翼開長が10.5mもある。

後ろの象と比べても、とにかくでかい、
そして、頭がでかすぎる。

東部の長さが3mもあって、
胴体は1mもない。
なんともバランスが悪い。

違う種の頭と胴体を取り違えたのでは?
と疑いたくなってしまう。

これが史上最大の空飛ぶ動物。
でも本当に飛べたたのか?

でかいけれど、よちよち歩きならぬ
よちよち飛びではないか??

そのナゾは、ナショナル ジオグラフィック日本版
2017年11月号に出ているらしい。

ナショナル ジオグラフィック日本版
2017年11月号<特製付録付き>



<スポンサードリンク>




タグ:恐竜 翼竜
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ