So-net無料ブログ作成

関東・東海・関西の各地で火球が目撃される! [自然・動物]

11月21日の夜9時半頃、関東・東海・関西の各地で火球が目撃された!
日本ではなかなか珍しいことだ。





<スポンサードリンク>



上のツイッターは明石市立天文科学館‏ の
屋外カメラでたまたま捉えられたもの。

一瞬、大きな隕石が町に落ちて、
大変なことになりそうなほど大きかった。

火球とはいうが、要は大きな流れ星であり、
大気圏中で燃え尽きる小さな隕石だ。

これも富士山に爆弾でも落とされるような感じだ。
一瞬、真昼のようにかなり明るくなっている。




最近普及の進んでいるドライブレコーダーに
たまたま運転中に映った例もあった。
ちょうど車の真正面だった。





<スポンサードリンク>



ウェザーニュースによると、こんなにも広い範囲の
多くの地点から火球が目撃されている。




特に流星群が来ている訳でもないのに、
やけに多い気はする。

こちらはアメリカ上空の話だが、
MASAが日々火球の様子を観測していて、
この11月21日には64個もあったそうだ。

色は飛ぶスピードを表しており、
赤は遅く、青は速いものだ。

火球
(出典:spaceweather.com)

天体ショーとして楽しく見ていられればいいのだが、
ここ1-2年、地球に接近する隕石や小惑星が多く、
ちょっと心配なところもある。


cf) 地球の記録spaceweather.com



小惑星探査機「はやぶさ」の超技術
2018年版(平成30年)太陽・月・星のこよみ



<関連記事>
NASAが地球に迫る小惑星を軌道変更させる大実験計画!
小惑星"2017 GM"が4月4日に地球から1万5000km地点を通過していた
月より内側を通る隕石や小天体がまだまだあった


<スポンサードリンク>










nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



人気ブログランキングへ