So-net無料ブログ作成

白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!? [自然・動物]

虹は七色と相場は決まっているが、
何と白い虹がスコットランドで11月20日に撮影された!





<スポンサードリンク>



撮影したのは、メルビン・ニコルソンさんという
イギリスの風景写真家。
場所はスコットランドの Rannoch Moor (ラノクムーア)というところ。

写真は最高の瞬間を捉えたもので、
白い虹はほんの数秒で消えてしまったそうだ。

風景専門の写真家でも
この10年で初めてのことだった。

この「白い虹」は「フォグボウ」(fogbow)とも言われ、
いわば、霧の中の色の抜けた虹。
わずかに青や赤が混じることもある。

太陽を背にして、空気中の水滴に反射してできるのは
普通の七色の虹と同様だが、
日光が貫通してしまうほど水滴が小さい薄い霧が
あるとできるそうだ。

Rainbow1
By KES47 (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

水滴が小さ過ぎて、
光が7色にきれいに分離し切れなくて、
白くしか見えないという。

こちらにニコルソンさんのウェブサイトがあり、
多くの美しい風景写真が出ている。
http://www.melvinnicholsonphotography.co.uk/

白い虹、一度くらい見てみたいですね。


ref) Popular Science


ウル デ・リコ (著) 白い虹の伝説


虹のある美しい風景カレンダー2017



<関連記事>
完全に円形の虹がロシアで撮影された!
月虹が石垣島に出現!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?


<スポンサードリンク>




タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

AIが今度は旅行プランを提示する!~富士通がアプリを無償配信 [IT・技術・科学]

AIの活躍の場がまた広がった。
チェス、将棋、囲碁、作曲、・・・
今度は旅行プランの提示をしてくれるという!

AItravel.jpg
(イメージ)


<スポンサードリンク>



富士通のグループ会社の
ディープステクノロジーズ(東京都港区)が
人工知能(AI)技術を利用して、
最適な訪問スポットや旅行プランなどを提示してくれる
お出かけアプリ「ディープス」を無償提供すると発表した。

ディープスは、その人の趣味や嗜好に関連した
各種の情報を取捨選択して学習し、深化させる。

普通のキーワード検索では出てこない
趣味の近い人からのコメントや
潜在的な興味に関する情報などを見つけ出し、
自分では思いつかないような旅行プランなどを
提示してくれるという。

情報が蓄積されるほど賢くなり、
より精度の高い提案をする。

12月にiPhone向け、
年明け以降にAndroid向けが出る予定。


ちなみに、Googleも9月にGoogle Trips
発表している。

こちらは切り口が一部違うが似ている。
行きたいところを入力すると、
ホテルや夕食の予約から観光まで、
あらゆるものを代わりに手配してくれる。

好みやニーズ、時間の都合などに合わせて
旅行の日程を組んでくれて、
自分専用のパッケージツアーができあがる。

旅行が始まったら、「魔法の杖」ボタンに
お任せで、すべてをガイドしてくれるのだ。

まだ日本語版がないので、
ディープスが代わりを担えるかどうか!?


なかなかすごいテクノロジーが出てきた。
自分では思いつかないような旅行プランを示して
くれるというのは、どんな感じか是非試してみたい。

一方、うまいこと誘導されてしまうのでは?
なんて不安もない訳ではない。

前にもご紹介した本ですが、
マルク・エルスべルグ著『ゼロ』を
よかったら読んでみてください。

便利な製品やサービスを提供する側と提供される側の視点の違い、
何を意図するかでいかに結果が変わってくるか、
いろいろ考えさせられます。

マルク・エルスべルグ著『ゼロ』
 


ref) Sankei BizWIRED


<スポンサードリンク>




タグ:旅行 アプリ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

キングコング「にしのあきひろ」の『えんとつ町のペプル』がすごいらしい [感動・人]

漫才コンビキングコングのツッコミ、ネタ作り担当
西野 亮廣(にしの あきひろ)の描いた絵本 『えんとつ町のペプル』がすごいらしい。





<スポンサードリンク>



絵本としては常識を覆して10万部を突破!


絵本は大人向けもあるとはいえ、
通常は子どもが対象なので、
1万部も売れればまずまず。

100万部売れるような絵本もないではないけれど、
それはロングセラーとなっての累積の話。

今回の『えんとつ町のペプル』は10月末の発売からまだ1ヶ月。
amazonでもどうどうの絵本の売れ筋ランキング第1位



監督もしている完全分業制


絵本は普通、文も絵も同じ人で1人か、
合作で2人での作品が多い。

ところが『えんとつ町のペプル』
総勢35人のクリエーターによる作品。
それを、にしのあきひろが監督

他の仕事もあるから時間をかけずに作るため、
ではなく、
「どうせやるならプロの絵本作家に勝とう」と
たっぷり4年半の時間をかけて制作。

1人で作った方が良いモノができるのであれば、
1 人で作った方がいいし、
100人で作った方が良いモノができるのであれば、
100人で作った方がいい。

大切なのは『誰が作ったか?』ではなくて、
『何を作ったか?』であり、
お客さんが反応しているのは、
『アナと雪の女王の監督』ではなく、
『アナと雪の女王という作品』でしかありません。


クラウドファンディングで


無料で展示会を開こうと、その費用捻出に
クラウドファンディングを利用。

6257もの人々から
4630万円をあつめることができた。

これもすごい発想です。


<スポンサードリンク>



緻密な絵


ここには貼れませんが、
絵がとにかくきれい。
ものすごくクォリティが高い。

こちらでご確認を!
http://lineblog.me/nishino/archives/2016-09.html?p=7



ストーリー


「信じぬくんだ。たとえひとりになっても。」

4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知 らない町がありました。
町はえんとつだらけ。
そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。
朝から晩までモックモク。
えんとつの町に住 むひとは、くろい煙にとじこめられて、
あおい空をしりません。
かがやく星をしりません。
町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。
魔よけの煙もくわわって、いつもいじょうにモックモク。
あるとき、
夜空をかける配達屋さんが、煙をすってせきこんで、
配達中の心臓を、うっかりおとしてしまいました。
さすがに視界はこのわるさ、どこにおちたかわかりません。
配達屋さんはさっさとあきらめ、夜のむこうへスタコラサッサ。
ドクドクドクドクドックドク。
えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っています。



本業は何?


西野亮廣さん、本来お笑い芸人でありながら、
何が本職なのやら。
やることが型破り。

分業とクラウドファンディングで絵本を書いたり、
ビジネス書も書いたり、
渋谷のハロウィンのごみ問題を解決したり、

とにかく、発想と行動力がすごいです。

      


実は、
「世界で一番オモシロくなりたい」
「ウォルトディズニーを倒す」
という野望があるそうで、
これからの活動も楽しみです。


ref) キングコング西野オフィシャルダイヤリー


<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

2016/11/13のニュージーランドの大地震で地割れ、隆起、発光現象・・・ [自然・動物]

日本では4月に熊本で大地震に見舞われ、
最大でM7.3、震度7であった。

あの2011年の3.11は最大でM7.9、震度7だった。

先日の11月13日のニュージーランドでの地震は
M7.8で同レベルの大地震だったようだ。
(震度は基準が異なるため詳細不明)

そこには、すごい地割れや隆起、発光現象が起きていた。

NZeq1.JPG
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



上の写真の地割れは、巾10m深さ2mに及ぶ。
それが30kmも延々と続くというから恐ろしい。



街中や住宅街ではなかったからよかったものの、
そうだったら、、、

でも、各地の道路はこんな具合になってしまった。
隆起あり、陥没(地割れ)ありで、
あまりにひどい。

NZeq3.JPG
YouTubeより)

こちらは、カイクラという南島南東部の町の海岸。
海岸沿いの浅瀬が2mも隆起してしまった。

それで、海中にあったコンブのような海藻が
壁に掛かったようになってしまった。

NZeq2.JPG
YouTubeより)

それから、阪神淡路大震災のころも騒がれたが、
発光現象も見られている。


(credit:Zachary Bell

こちらは北島南端のウェリントンで
地震の最中に撮られたもの。

街中なら電線が切れてショートして起きることも多いが、
これは海の上だと撮影者が記している。

そうなると、ずれた断層面の摩擦で起きるものとも
違ってきて、原因がよく分からない。


ここまでくると、備えのしようもなくなってくるが、
せめてこれくらいは準備しておきましょう。

・家具を壁に固定する
・長期保存可能な飲用水、非常食の用意
・簡易トイレの用意
・ソーラー式や手回し式の充電器の用意
・避難所の場所と経路の確認


手回し充電 ラジオ ライト


志布志の自然水 非常災害備蓄用 (2L PET×6本)×2箱 (5年保存水)




<スポンサードリンク>




タグ:地震
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

函館に幻想的な漁火光柱が出現! [自然・動物]

先日はロシアでの光柱だったが、
昨晩はついに日本に登場!
函館でイカ釣り漁船の漁火が反射してできた光柱が出現した!





<スポンサードリンク>



光柱(ライトピラー)は、
上空3000m以上の大気中の水蒸気が
凍ってできた六角形の結晶が水平に並び、
イカ釣り漁船の漁灯の光が反射して、
光の筋が縦に伸びて見えたもの。

気温の低い夜で、海が穏やかであるなど、
複数の条件が揃わないと現れない。

昨日24日の夜7時頃から約1時間に渡って
夜景で有名な函館の空を彩った。
函館では冬のイカ漁の時期にまれに観測されるという。

なかなか難しいが、各種条件がたまたま揃えば、
東京でも出現の可能性はゼロではないらしい。

人工のイルミネーションばかりでなく、
たまには都会にも現れてくれないだろうか??


ref) Hokkaido News Link 毎日新聞


<関連記事>
極寒ロシアで早くも美しいライトピラー(光柱)出現!
モンゴルで美しい七色の光柱Light Pillarが出現!
震度5弱があった青森に前日に光柱が出現!


<スポンサードリンク>




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

急発進防止装置「ペダルの見張り番」をオートバックスが発売! [社会・流行・乗物]

ここのところ、高齢者等の運転操作ミスで
車がお店に突っ込んだり、駐車場から飛び出したり、
という事件が増えてますよね。

決して無謀な運転をしていた訳ではなく、
その多くがアクセルとブレーキの踏み間違いです。

そこに救世主が現れました!


(出典:オートバックス


<スポンサードリンク>



オートバックスが12月5日から販売するもので、
「ペダルの見張り番」という急発進防止装置。
こういう製品を待ち望んでいました。

その特徴は、
■発進時などにブレーキとアクセルを踏み間違え、
アクセルを強く踏み込んでも車が急発進しません。
■後退時の踏み間違えによる急発進も抑制します。
■軽自動車からミニバンまで、100車種以上に幅広く対応しています。
■1年間の交通事故傷害保険が付帯されます。


大きく2つの仕組みから成ります。
  • オーバーアクセルキャンセラー(OAC)
  •  時速10km未満のときにアクセルを強く踏んでしまっても
     アクセルの効き具合を自動制御する。
  • ブレーキオーバーライドシステム(BOS)
  •  アクセルとブレーキを同時に踏んだときに、ブレーキを優先する。


なかなか、すばらしい製品です。
今までなかったですね。
おまけに保険も1年間付帯しています。

・傷害死亡保険金:100万円
・障害後遺障害保険金:程度に応じて4万~100万円


(出典:オートバックス

標準価格は、39,999円
(本体、取付部品、取付工賃込・税別)

適合車種→コチラの3ページから

ネットショップのautoback.comを見ると
オープンプライスとあり、販売価格は上の標準価格+消費税の
43,198円となっています。
発売は12月5日。

このような製品が普及すれば、
事故はかなり減ることでしょう。
できれば、車に標準装備になるといいですね。


<スポンサードリンク>




タグ:急発進
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ひまわりに雪、どっちが異常? [自然・動物]

今日は東京(関東)に
54年ぶりとなる11月の初雪

昨日までそんなに特別寒かったわけでもないので、
天気予報では聞いてはいたものの半信半疑でした。

一方、山梨県北杜市明野町ではひまわりに冠雪
なんとも不思議な光景です。





<スポンサードリンク>



「北杜市明野サンフラワーフェス」
というひまわり畑があり、
7-8月は、一面ひまわりのすごい眺めになる。

例年はフェス後の9-10月に耕運機を入れるところ、
8月から早めに耕したところ、
落ちた種が芽を出して、
寒さが厳しくなる前に開花したらしい。

そこへ、突然の雪。
真夏の花だけに、、、
これはひまわりにはきつい試練。

何とかもうしばらく咲かせてあげたいところ。

今日午後には雪はやむらしいので、
気温はまだ低いものの、
ひまわりさんにはがんばって欲しい!


<スポンサードリンク>






ref) 朝日新聞DIGITAL
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

平塚に「HOLY WOOD」が出現!? [感動・人]

平塚市の少し山寄りの土屋という地区に
「HOLY WOOD」の看板が出現した!?





<スポンサードリンク>



場所は平塚市土屋にある「土屋ざる菊園」の中。



(以前、ご紹介した「立石」の約2.5km北西)

赤、白、黄などのざる菊の向こうに白い文字。
タテ2m、ヨコ14mと結構大きい。

近くに信号待ちで止まると、
「なんだ、あれ?」という感じで目に入る。

しかし、よ~く見ると、
「HOLLYWOOD」ではなく
「HOLY WOOD」で"L"が1つ少ない。

「ハリウッド」ではなく「ホゥリーウッド」で、
「聖なる森」の意味になる。

神奈川大学湘南ひらつかキャンパスの学生が、
地域住民と協力して、

豊かな自然がある土屋地域は
平塚の誇りであり財産

という思いで設置したという。

最初は大学に費用の助成を申請したが通らず、
学祭や地域のお祭りに出店をしたりして
資金を工面したという。

看板は関わった5人の学生が卒業するまでの
1年間の予定。

よかったら一度見に行ってみて下さい。


<スポンサードリンク>




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

THE ROYAL EXPRESSが横浜と伊豆を結ぶ [社会・流行・乗物]

伊豆急行と東急は2017年7月に、横浜と伊豆を結ぶ新しい観光列車
「THE ROYAL EXPRESS」(ザ・ロイヤル・エクスプレス)
の運行を開始するそうだ。

The Royal Express
(出典:東急電鉄


<スポンサードリンク>



約3時間で横浜駅~伊豆急下田駅を結ぶ。
客車、食堂車、多目的車などからなる8両編成。

運行日は原則週2日。
運賃+食事代+飲み物代で2~3万円の予定。

豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」などで知られる
工業デザイナー水戸岡鋭治さんがデザインした。

ロイヤルブルーを基調色に金色のラインの外観、
木をふんだんに使った温かみのある内観。

実際の車両は、伊豆急の「アルファ・リゾート21」を
改造して作るそうだ。

定員は8両で約100人で、
ななつ星in九州の7両で30人あたりよりもかなり多い。

1・2号車ファミリー向け
3号車マルチスペース
4号車キッチンカー
5・6号車食堂(寿司職人も乗る)
7・8号車上級客車(展望スペース付き)

3号車が面白く、可動壁を付けて、
ミニコンサート、結婚式、会食、展示会などができる。
3時間あれば、確かに結婚式コンサートも可能だ。


<スポンサードリンク>



開業と同時に、横浜駅と伊豆急下田駅周辺の
再整備も行う。

横浜駅にはカフェとラウンジを設置。
カフェは一般開放だが、ラウンジは乗車客専用。
下田ロープウェイの寝姿山山頂店舗を改修。

これら施設のデザインも水戸岡氏が担当し、
列車の優雅さと快適さに結び付ける。

下田東急ホテルも改修中で、
2017年3月にリニューアルオープンする。

同じ沿線で、JR東日本の観光列車
「IZU CRAILE」(伊豆クレイル)
小田原~伊豆急下田間を今年7月から走っており、
伊豆人気復活の相乗効果が期待される。

IzuCraile.jpg
(出典:えきねっと


ref) ITmediaビジネス伊豆新聞日経ビジネス


<スポンサードリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

信じ難い大量の雹がアフリカのアルジェリアを襲う! [自然・動物]

アフリカ北部、地中海に面するアルジェリア北部の
ボルジ・ブー・アレリジという町周辺を11月16日に
信じ難い大量のが襲った。





<スポンサードリンク>



アルジェリアの場所はここ。

Algelia1.png
CC 表示-継承 3.0, Link

国土の大半をサハラ砂漠が覆う国。
一応、北部のアトラス山脈には冬に雪が降るが、
ボルジ・ブー・アレリジは地中海から50~100kmほどで
山岳地帯ではない。

その町が、この11月半ばの時期に上の動画のように
超大量の雹に覆われてしまった。

の中に多くの車が止まっているが、
どう見ても駐車場とかに停めていた訳じゃない。

道路を走っていて、突然の大雨ならぬ
足止めを食らってしまったのである。

ウィキペディアによると、
アルジェリアの気象はこんな風だ。
北部の地中海沿岸部は温帯で典型的な地中海性気候である。
南カリフォルニアとほぼ同じ緯度にあり、気候も類似した部分が多い。
平均気温は夏は20から25℃、冬は10から12℃


日本で言えば、九州・四国地方並みである。
そこにこれだけの雹が短時間で降ったのだから
異常としか言いようがない。

先日の小氷期の記事のように、
少~しずつ寒冷化が進んでいるのかも??


ref) twitter


<関連記事>
サハラ砂漠に最大1mの「雪」!
砂漠の国、サウジアラビアで雪と洪水!?
2015年に小氷河期が始まっていた!?
COP21開催、地球温暖化は本当か?


<スポンサードリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース



人気ブログランキングへ