So-net無料ブログ作成
検索選択
自然・動物 ブログトップ
前の10件 | -

こんな流氷、いや氷山がきたらどーしましょう? [自然・動物]

カナダ東部のニューファンドランド島に
とんでもなく巨大な流氷、いや氷山がやってきた!
合成写真じゃないですよ!




<スポンサードリンク>



上の写真の氷山が流れてきた場所はここ。
ニューファンドランド島のフェリーランドというあたり。



ツイッターに出てくる似たような写真をたどると
4月13日頃にやってきた模様。

海底につかえているらしく、
もう10日以上、今の位置に鎮座してしまっているようだ。

いくら北国とは言え、こんなに大きな氷山が
流れてくるのは初めてで、多くの人が集まっている。

高さが最も高いところで約46mもあるという。
ビルでいうと15階以上にもなる。

ヘリがこんなに小さくなってしまい、
本当に山が動いて来た感じです。



諸説ありますが、例のタイタニック号が衝突した
氷山の高さは33mだったと言われており、
巾は分かりませんが、高さはその1.4倍もあります。

いずれは溶けてしまうでしょうが、
しばらくは、いい観光資源になることでしょう!?


おもしろ食器
氷山グラス シロクマ 絞り器付き
インフレータブル 氷山(ウォーター パーク)
¥467,980 (2017/4/23)



<スポンサードリンク>




タグ:氷山
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

イタリア・ミラノに沸き立つ不思議な雲 [自然・動物]

4月11日にイタリアのミラノで、沸き立つような
見たことのない雲が出まくったそうです。





<スポンサードリンク>



この後、嵐模様になったそうなのですが、
積乱雲とも感じが違うし、何と言うのでしょうか?
気象関係者のコメントは見つけられませんでした。

#nonpromettenulladibuono - #clouds over #milan - #apocalisse

Jacopo Longhiniさん(@jaco.long)がシェアした投稿 -




twitterやInstagramにたくさん出ているのですが、
ハッシュタグと「すごい」、「怖い」などのコメントしかなく、
それ以上の状況が分かりません。




90度を超えてしまった空中滝とでもいうか、
なんとも形容のしようがありません。
とにかく奇妙な雲です。


池田圭一 (著)
図説 空と雲の不思議 きれいな空・すごい雲を科学する
雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑



<スポンサードリンク>




タグ:イタリア
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

4月5日、インドにとんでもない雷、雷、雷の嵐! [自然・動物]

4月5日、インドのグルガーオンという町を
とんでもない雷の嵐が襲った。
その写真がスゴ過ぎる!





<スポンサードリンク>



グルガーオンは首都ニューデリーの南西側のすぐ隣。
人口約87万人の大きな町だ。



ここに立て続けに89発(?)もの落雷があったという。
ほんの2つ、3つでも震え上がる人も多いのに、
89個とは信じがたい数だ。

ちなみに、上の凄まじい写真は、ある一瞬の1枚ではなく、
同じ場所から撮影した一連の写真を合成したもの。
それにしてもすごいが・・・

恐ろしいことに、インドでは近年落雷が増えており、
2014年には2500人以上もの人々が
落雷で命を落としているそうだ。

昨年2016年には、6月21日~23日の3日間で
120人が落雷で亡くなるという、
とんでもない事態になっている。

海外で大地震があると、必ずと言っていいほど
耐震設計が問題にされるが、落雷に対して、
高い建造物に避雷針は付いているのだろうか?
そのあたりの情報は見つからなかった。

ただ、今回のような町中というよりも、
広い平野で農作業中に落ちてきたケースも多いらしい。
避難場所の確保が急務だろう。


ref) reddit地球の記録


柳川 俊一 (著)
よくわかる雷サージ対策技術
シリコンゴム亜鉛酸化雷放電電流避雷針



<スポンサードリンク>




タグ:インド 落雷
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#cuteanimaltweetoff が話題 [自然・動物]

今ツイッターで、#cuteanimaltweetoff が話題 になっている。
どこか海外の動物園の人が、このハッシュタグでカワイイ動物の
写真を投稿したことから始まったらしい。





<スポンサードリンク>



初めのうちは動物園ならでは接写などが多かったが、
その後、一般の人たちも加わったようだ。

思わず癒されてしまう写真がたくさん出ています。














<スポンサードリンク>




タグ:動物

ブラジルでブルージェットが地上から撮影された! [自然・動物]

超高層で起きるブルージェットと呼ばれる放電現象が
ブラジルで偶然にも地上から撮影された!

BlueJet.jpg
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



空中での放電現象と言えば、
普通は「雷」を思い浮かべる。

超高層の成層圏や電離層では、空気が非常に薄いため、
基本的には気象現象は起きないとされていたが、
1989年に雷雲から上空に向かう発光現象が見つかった。

その後、下図のような数種類の放電現象が確認されている。
ウィキペディアより)

Upperatmoslight.jpg
By Abestrobi - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link
  • スプライト
  •  主に中間圏で発生する赤系統の発光
  • エルヴス
  •  中間圏上部~熱圏下部で水平に広がる発光
  • ブルージェット
  •  成層圏上部での青系統の発光(上向きの雷)
  • ブルースターター
  •  成層圏下部でブルージェットに先立って現れる発光


これらの放電現象は、以前は人工衛星等宇宙からの撮影しか
なかった。こちらは国際宇宙ステーション(ISS)から、
2015年にベンガル湾上空の嵐の上から撮影されたもの。



これは暗闇の中で青白く光るだけなので、
周りの状況が見えず、きれいなのだが、
何なのか全く分からない。

それが、今回のブラジル北東部のカンピナ・グランデでの動画は、
昼間に地上から撮影され、周りの状況や雲から上に昇る
様子がとてもよく分かる。



ただし、一瞬のことで、最初の3秒ほど以降は
スロー再生した様子となっている。

地上には落ちずに、上空に向かって舞い上がる雷
とはとっても妙な感じだ。


河崎 善一郎 (著)
雷に魅せられて
―カミナリ博士、その謎を追う
速水 敏幸 (著)
謎だらけ・雷の科学
―高電圧と放電の初歩の初歩



<スポンサードリンク>




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小屋から顔を出しているのは誰?これはちょっとでか過ぎ! [自然・動物]

今海外のSNS中心に、びっくりさせられる動画が
投稿されて話題になっている。

NiwatoriBig.JPG
(下の動画より)


<スポンサードリンク>



ニワトリか何かの鳥だろう、というのは分かる。
しかし、出てきてびっくり!
なんなんだ!?




よく分からないが、超巨大なニワトリに見える。
人や基準になる大きさのものがないから、
周りの木や柵の感じからの想像になるが、
体高は1m近くはありそうだ。

ブラマという種にも見えるが、
通常はオスで55cmくらいまでらしい。
それよりも、二回りも三回りも大きく見える。

それにしても、デカい!


ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥
ニワトリと暮らす
―かわいくて、役に立つ!



<スポンサードリンク>






タグ:ニワトリ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

人懐っこすぎ、かわいいクオッカがNHKへんてこ生物アカデミーにも登場! [自然・動物]

昨晩、NHKの「へんてこ生物アカデミー」を見た。
ホントにへんてこな生き物ばかり出ていたが、
クオッカがとにかく人懐っこくて、かわい過ぎた。

HentekoQuokka.jpg
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



クオッカは、体長40-55cmほどのワラビーの一種。
オーストラリア南西部に生息し、例によって有袋類。

かつては広い範囲に生息していたが、
湿地開発やキツネに捕食されたりで、
今や絶滅危惧種になってしまった。

現在は殆どがロットネスト島という島に集中している。
この島の湖は淡水ではなく、海よりも塩分が濃いため、
キツネ等の動物が寄り付かなかったのが幸いした。

あまりに無警戒なほど人懐っこく、
口角が上がっていて、いつも笑って見える。
ハッピーアニマルとも呼ばれている。

HentekoQuokka2.jpg
(下のYouTubeより)

YouTubeに予告編があったのだが、埋め込みができず
YouTubeサイトでしか見られない仕様らしいので、
こちらでご確認を。
https://youtu.be/vV0FzDVmIt8?t=1m2s

みんな、となりにしゃがんだり、
寝そべったりして、SNS用に写真を撮りまくり。




<スポンサードリンク>





写真集も出ていた。
オーストラリア旅行でのオプションツアーも出ている。

Quokka #クオッカ 世界が撮った小さなともだち
VELTRA ロットネスト島ツアー
ロットネスト島☆おまかせ・バスツアー(パース発)





<スポンサードリンク>




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大阪周辺中心に不思議な雲が頻発、地震雲か? [自然・動物]

ここ数日、大阪(関西)方面を中心に、
変わった雲の出現が急に増えており、
地震雲ではないかと心配する人もいる。





<スポンサードリンク>



こちらは3月13日に尼崎で見られた竜巻型雲。
垂直または少し斜めに渦を巻いて立ち上がったような形状。




これは上と同じものを別の位置から
撮ったと思われる。




こちらも同様に、竜巻型の雲だ。
周りの雲とあまりにも形状が異なるので、非常に目立つ。
雲の上空やや左の白い光の2つの点も気になります!?




こちらは渦巻いてはいないが、
やはりタテに立ったなおかしな雲。




阪神淡路大震災の際にも似たような雲が出たらしく、
大地震の前兆ではないかと、
一部で心配されている。

いずれも、タテやヨコに棒状に長く伸びる形が多く、
比較的低空にできることが多い。

また、風が吹いても、動いたり消えたりは
なかなかしない場合が多い、という特徴がある。

まだ地震との関連は科学的には解明されておらず、
経験則の世界だが、「備えあれば患いなし」で
万一に備えることは大事だ。



巨大地震と地震雲
―予兆現象はXデーを警告する!
上出 孝之 (著)
わかりやすい地震雲の本
―これであなたも大地震を予知できる



<関連記事>
ザンビア上空に謎の巨大人影
石垣島に津波?雪の壁?雲?
スウェーデンにUFOのような巨大レンズ雲
藤沢で球形の奇妙な雲!?海外でも話題に
太陽に天使の羽が生える奇跡!
ラスベガスに超巨大UFO雲!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?
変な音の後に変な雲が空から舞い降りてきた @モロッコ


<スポンサードリンク>




タグ:関西 地震雲
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

不毛の砂漠が一夜にして花の楽園に~アンザ・ボレゴ砂漠(カリフォルニア) [自然・動物]

カリフォルニアのデスバレーにあるアンザ・ボレゴ砂漠は、
砂の砂漠ではなく、岩石砂漠的な場所で、
いつも木も草もなく、地面はひび割れだらけ。

それが、先週あたりに超久々の大雨が降り、
あっという間に花の楽園に変身してしまった!
メルヘンチックでさえある。





<スポンサードリンク>



ちなみに、雨が降る前の普段の様子はこんな感じ。
とても同じ場所だとは信じられない。





このような現象を
「スーパーブルーム現象」と言う。

通りかかった人たちはびっくりして
インスタグラムやツイッターに大量の投稿がされている。







これで分かるのは、砂漠は決して土壌自体が悪い訳ではないころ。
日光は十分すぎるほどあり、土壌に栄養もある。
足りないのは水だけ。

植物の種や根が、水はいつかとずっと待ち構えていて、
ここぞとばかりに咲き誇っている。

砂漠も雨さえ降れば、水さえ引けば、
植物は育つ環境であることを思い知らされる。


<関連記事>
砂漠のオアシス、ここはどこ?えっ日本?
サハラ砂漠に1mの「雪」!
信じ難い大量の雹がアフリカのアルジェリアを襲う!
砂漠の国、サウジアラビアで雪と洪水!?


<スポンサードリンク>




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

砂漠のオアシス、ここはどこ?えっ日本? [自然・動物]

どこかの砂漠のようなところの中にある
オアシスのような場所。ここはどこでしょう?





<スポンサードリンク>



上に既に出てしまいましたが、
ここ鳥取砂丘だそうです。
まさか日本だとは驚きですね。

てっきり、サハラ砂漠とかゴビ砂漠とか・・・
考えてしまいましたけど。




知りませんでしたが、毎年秋から春にかけて
水がたまってできるらしいのですが、
今年は33年ぶりの90cm超の雪が積もった関係で
例年の2-3割増しの大きさになったそうです。

深さも、例年1mもないのに、
今回は1m30cm以上まで深くなったそうでう。


ちなみに、日本一大きな砂丘ってご存知ですか?
まぁ、砂丘自体日本にはあまりありませんけれど、
殆どの人が鳥取砂丘が最大だと思っているでしょう。

ところが、鳥取砂丘の30倍も広い砂丘があるのです!
それが、青森県東通村の太平洋岸にある「猿ヶ森砂丘」
巾1-2km、総延長約17kmもあるんです。

Sarugamori-sakyu.JPG
ウィキペディアより)

ここは、一般にはまったく知られていません。
なぜかというと、ほぼ全域が防衛装備庁の
下北試験場(弾道試験場)の敷地で、
一般の立ち入りはできないからなんです。

せっかくの観光資源なのにもったいないですね。


るるぶ鳥取
大山 蒜山高原 水木しげるロード'18
中林保 (監修)
鳥取「地理・地名・地図」の謎
意外と知らない鳥取県の歴史を読み解く!



<関連記事>
不毛の砂漠が一夜にして花の楽園に~アンザ・ボレゴ砂漠(カリフォルニア)


<スポンサードリンク>




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 自然・動物 ブログトップ



人気ブログランキングへ