So-net無料ブログ作成
検索選択
自然・動物 ブログトップ
前の10件 | -

虫の音は雑音!? [自然・動物]

うちの近所は比較的大きな木が多く、
7月半ばくらいからセミの大合唱が始まる。

ミ~ン、ミ~ン、ジ~~とうるさいはうるさいが、
これがなくてもまたさみしい。

虫の音は時には心地よく、癒されるが、
西洋人にはただの雑音にしか聞こえないらしい。
更には、全く聞こえないことすらあるらしい。

虫の音
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



たまたま、このような動画を見つけた。




虫の鳴き声を「声」として認識するのは、
世界広しと言えども、日本人とポリネシア人だけだという。

東京医科歯科大学の角田教授の研究によると、
西洋人は虫の音を音楽脳=右脳で聞いて「雑音」としか感じず、
日本人は言語脳=左脳で聞いて「声」として認識する。

更に面白いことに、
外国人も日本語を母国語として育てられると日本人型になり、
日本人も外国語を母国語として育てられると西洋型になる
という。

西洋人は音楽脳で聞くならぬ聴くのならば、
虫の音を音楽として認識してもよさそうだが、
音楽にもならないので雑音扱いなのだろうか?

一方の日本人は更に、動物の鳴き声や波、風、雨、
小川のせせらぎなども言語脳で聞くというから
不思議だ。

言語や自然観により、頭の働き方が変わるという訳で
人体の不思議でもある。

ん~ん、不思議だ。

そうは言っても、さすがに犬の鳴き声は西洋人にも聞こえる。
ただ、「ワンワン」ではなく英語では「バウワウ」に
聞こえ方が変わる。

鳥を含めた動物や虫の鳴き声のどこに
雑音とそうでないものの境目があるのだろうか??

これも不思議~。


加藤 俊徳 (著)
右脳の強化書
知能を高める瞑想:
右脳を活性化させる技術



<スポンサードリンク>




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピンク色の虹がイギリス西部に出現! [自然・動物]

これまで、白い虹円形の虹などご紹介したが、
今度は珍しいピンク色の虹が出現した!





<スポンサードリンク>



場所はイギリス(イングランド)西部の
ブリストルやトーントン、イェイトの町あたり。



このイリュージョンに「アメージング!」、「かわいい!」
などの声が上がっている。

この現象に呼び名は特になく、
通常の虹と、ピンク色の夕焼けが重なった
ものだという。

日没で太陽が低い位置にあることから
昼間よりも多くの大気を通過することになり、
波長の短い紫、青、緑が薄くなり、
赤寄りの色が強く見えてピンクっぽくなるらしい。

虹自体だけでなく、その内側も含めて
半円の膜状にピンク色になるのが面白い。

虹と夕焼けが重なるだけなら
もっと頻繁に起きそうな気もするが、
なかなかレアな現象らしい。

迷走台風による大雨はもういいから
たまにはこういう現象も起こして欲しい。


ref) BBC News


<関連記事>
完全に円形の虹がロシアで撮影された!
白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!?
月虹が石垣島に出現!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?



カレンダー2018
壁掛 虹のある美しい風景カレンダー
迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ
叡智の伝承者<<ウィズダム・キーパー>>が伝えるマザーアース超深層メッセージ



<スポンサードリンク>




タグ:
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

完全に円形の虹がロシアで撮影された! [自然・動物]

と言えばアーチ形に相場は決まっているが、
ロシアで完全に円形の虹が撮影された!

円形の虹
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



虹は普通は半円より小さな円弧の一部しか
見えないし、端まで見えることもない。

ところが、虹には似つかわしくないのだが(笑)
ロシアのサンクトペテルブルクの高層ビルの
建設現場で、ぐるりと一周円形の虹が
撮影されたのだ。

撮影場所は、ラフタセンターという高層ビルの
地上462mのクレーンの捜査室だ。

これが大自然の中なら雰囲気もあるのだが、
それでも、なんかラッキーな気分にはなれる。
不思議なまん丸の虹だ。




<関連記事>
白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!?
月虹が石垣島に出現!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?


レインボー 投影機
LEDイルミネーションライト
虹~いきものがかり



<スポンサードリンク>




タグ:
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

謎の生物がイギリスで撮影される!恐竜?ネッシー? [自然・動物]

イギリス北部で、小型恐竜のような写真が撮影され、
何の生物だろうかと地元で話題になっている。





<スポンサードリンク>



場所は、イギリス北部のエディンバラから北西へ50kmほどの
スターリンシャーというところ。

近くに住むジミー・ライトさんという方が、
朝、犬を連れて散歩中に目撃し、
運よく(スマホで?)写真に収めた。

カワウソに似ているという声もあったそうだが、
顔はともかく、胴体が明らかに異なる。

あるいは、立ち上がった大トカゲだろうか?
それはあり得るとは思うが、
あごが小さいし、胴体の割に首が長い。

胴体の下の方と尻尾は草に隠れているのかも
知れないが・・・

全体的には恐竜の子どもといった感じ。
周りの草の様子から推測するに、尻尾は別として
体長1m~1m50cm止まりだろうか。

ちなみにネッシーで有名なネス湖は、
ここから北へ150km以上離れている。

今のところ、手掛かりはこの写真だけで、
正体は不明だ。


<スポンサードリンク>




タグ:謎の生物
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コスタリカのターコイズブルーの川の謎 [自然・動物]

今まで知らなかったが、コスタリカにリオ・セレステと
いう長さ14kmほどの川があり、非常にきれいな
ターコイズブルーをしている。

その色の原因は長年謎だったが、ついに解明された模様。




<スポンサードリンク>



場所は中米コスタリカの北部アラフエラ州。



色からして銅が多く含まれているのでは
と思われたが、水質を調べても銅は検出されなかった。

炭酸カルシウムや硫黄が化学反応を起こしたのでは
とも言われたが、それらしき検査結果は出なかった。



どうみても、バスクリンのような(?)物質が
溶けているようにしか見えないのだが、
原因物質が見当たらない。

2013年にコスタリカ大学とナショナル大学の科学者チームが、
この川に流れ込む2つの支流から水試料を採取したところ、
なんと透明であった。

なぜかリオセレステ川の14kmの区間だけが
ターコイズブルーで、上流と下流は透明なのだ。

そして、ようやく分かったことは、川底の岩に含まれる
アルミノケイ酸塩というアルミニウム、シリコン、酸素から成る
鉱物が水中で日光を反射し、人の目にはターコイズブルーに
見えるということだった。

その鉱物の粒子も、あまり小さいとこのような錯視は起きず、
ある程度大きい場合のみに起きるという。
なんとも不思議な偶然が生んだ現象だったのだ。

これが、光の加減による錯覚だったとは驚きである。


<関連記事>
コバルトブルーのミニ九寨溝が神奈川県にあった!


<スポンサードリンク>




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

これが月?何かの間違いでしょ? [自然・動物]

アメリカの北東端メイン州のキャスコ湾で
7月9日に何とも妙な月が撮影された。

この写真のどこに月が写っているんだよ?
と言われそうですが、
蜃気楼のように四角く写っているのが月だという。


(出典:Mail Online


<スポンサードリンク>



こんな四角い雲みたいなのが月なんて
にわかには信じ難い。

大気がレンズの役割をして、水平線から出た月の
色や形を歪めた結果だというのだが、
そう言われても納得いくものでもない。

普通は、太陽光に温められた空気が下層にあるが、
海岸から離れると、冷たい海上の空気が、
上空でやや温かい空気と触れ合うことがあり、
一種の蜃気楼を発生させ、視覚的な歪みを生むそうです。

驚くことに、しばらくすると
このような光景に変わったという。
これも歪んではいるが、月だと分かる。


(出典:Mail Online

確かにこれなら月だと分かるが、
初めの写真とはどうも結びつかない。

最初の四角いピンクから、この光景までを
是非動画に撮って欲しかった。


ref) Mail Online


蜃気楼のすべて!
沖田×華 (著)
蜃気楼家族



<スポンサードリンク>




タグ:蜃気楼
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ウニを三浦キャベツで養殖!? [自然・動物]

ご近所のことながら知らなかったが、
三浦半島沖で、ムラサキウニが海藻類を食べつくして
「磯焼け」の被害を引き起こしているそうだ。

研究の結果、三浦特産のキャベツで、駆除したウニを
養殖して食べてしまおうという作戦が進行中!

【キャベツを食べるウニ】
三浦半島のウニ
(出典:水産技術センター


<スポンサードリンク>



「磯焼け」というのは、海藻が減って、海底が砂漠化する現象。
海藻はアワビやサザエなどの餌になったり、
魚類の生活の場や産卵の場となるので、影響が大きい。

ウニ食べることはあっても、
ウニ何を食べるかは知らなかった。
意外と雑食性らしい。

ウニが厄介者だというなら、食べちゃえばいいじゃん、
と言いたいところだが、実入りが悪くて売り物に
ならなかったそうだ。

そこで、県の水産技術センターが、
逆に売り物にならなかった三浦キャベツ三浦大根
廃棄品を与えてみたところ、猛烈に食べたという。

80匹のウニが、キャベツ1玉を3日でご完食!
というほどだ。
まさか、海の生物が陸の野菜を食べるなんて・・・

【大根を食べるウニ】
三浦半島のウニ
(出典:水産技術センター

そうして養殖試験を進めたところ、
実の重さが2~3%しかなかったのが、
平均12.5%まで増えて、食べられるようになった!

味もえぐみが減って甘みがアップし、
見た目もきれいな黄色になったという。

今後も次の三者が連携して、実証実験に取り組む。

・水産技術センター … 実入試験、各種成分分析、食味試験
・京急油壺マリンパーク …展示による広報、飼育方法試験(閉鎖型)
・県立海洋科学高校 … 餌の嗜好実験、飼育方法試験(開放型)


→ウニの被害を駆除できる
→海藻が守られ、サザエやアワビも増漁
→地元野菜の残滓を廃棄せずウニのエサに活用
→ウニを特産品化

一石二鳥どころか、三鳥、四鳥と
なかなかすごいことになりそうです!


ref) 水産技術センター


本川 達雄 (著)
ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学
いそまる本舗 雲丹醤油



<スポンサードリンク>




タグ:三浦 ウニ
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

パール富士の投稿相次ぐ [自然・動物]

昨日は、富士山頂と満月が重なる
「パール富士」の投稿が相次いでいた!





<スポンサードリンク>



富士山の頂上に太陽がくるダイヤモンド富士
ときどき話題になりますが、パール富士は満月のときに
限られるため、ダイヤモンド富士より珍しいのです。




その名の通り、真珠が富士山のてっぺんに乗っかった感じ。
ダイヤモンド富士ほど派手さはないけれども、
趣があっていいです。

こんな動画でとらえた投稿もありました。
(環境により再生できない場合はtwitter側でご確認を)




6月10日頃にもけっこう投稿されてました。
天気の加減でも見えたり見えなかったりするので、
なかなか貴重です。

私はダイヤモンド富士なら一度だけ
田貫湖から見たことがありますが、
パール富士にはまだ巡り合っていません。

どこかで一度見に行ってみたいですね。


富士巡礼 C
富士山ブック2017
「3776m 日本のテッペンへ!!」
富士山4大登頂ルート&お鉢巡り徹底ガイド
富士山登山情報のバイブル!



<スポンサードリンク>





タグ:パール富士
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子グマを背負って泳ぐグリズリーの母グマ [自然・動物]

グリズリーというと、凶暴で怖いイメージしかないが、
そこにだって、親子の世界はある。

母グマが子グマ2匹を背中に乗せて、
湖を渡る姿が撮影された。

子グマを背負って泳ぐ母グマ
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



撮影された場所はこのあたり。
アラスカ州ウッド・ティクチック州立公園内の
アレクナギク湖というところ。
(Lake Aleknagik in Wood Tikchick State Park)



撮影したのは、州立公園で働くデビッド・ローズマン氏。
ボートでロッジに向かっていた最中、約30m先に
何かが浮いているのに気づいたら、これだったそうで。



今回映った子グマは生後6ヶ月くらいと見られ、
体重13kgくらいまで育てば自力で泳げるようになるという。

湖の中にある島から、350mくらい泳いで
岸まで行ったそうだ。

岸に着くと、止まらずに、背から降りながら
そのまま森の中へと進んでおり、
もう慣れたこと、という感じである。

あるいは、ローズマン氏に気付いて、
本能的に逃げただけかも知れない。

とにかく、母親は偉い!!


ref) National Geographic


<関連記事>
クジラがイルカをおんぶ、キツツキがイタチをおんぶ!?
何コレ、カエルがワニのタクシーに乗車!?


グリズリー: アラスカの王者
ブラウンベアのテディベア/グリズリー



<スポンサードリンク>




タグ:クマ 泳ぐ
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

カナダで撮影された空飛ぶ何か奇妙なもの!? [自然・動物]

6月16日に、カナダで正体不明の
空飛ぶ生物らしき何かが撮影された。
一体これは何??





<スポンサードリンク>



撮影場所はこのあたり。
カナダのオンタリオ州オシャワというオンタリオ湖岸の町。



撮影者は野生生物専門のカメラマンのケン・ライト氏。

夕方7時45分頃、車に戻ろうと歩いていたところ、
離れたところの空を突然何かが飛ぶのが見え、
取り敢えず写真に撮るだけ撮っておいた。

その時は、よく見かけるヒメコンドルかなと思ったが、
家に帰ってから見てみると、何だかさっぱり分からない。




撮影時に周囲には人は誰もおらず、
凧やバルーン、ドローンでもないようだ。

さすがに、UFO=空飛ぶ円盤ではなさそう。

色的には緑系だが、木の葉や実でもなさそうだし、
何となく生物っぽい。

ぶれているとは言え、鳥でもなさそう。

強いて言えば、ガメラ??

一体、何者なのでしょうか??


ref) DurhamRegion.com


<スポンサードリンク>




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 自然・動物 ブログトップ



人気ブログランキングへ