So-net無料ブログ作成
自然・動物 ブログトップ
前の10件 | -

スウェーデンで太陽がいっぱい!現実の幻日!? [自然・動物]

スウェーデンのベムダレンというところのスキー場で
非常に不思議な現象が起きた。

太陽がいっぱい!

幻日
(下の動画より)


<スポンサードリンク>



3つかそれ以上の太陽が横に並び、
その周りを金色の光の輪が二重、三重に囲む。
何とも不思議で神秘的な光景だ。

スキー客もほとんど棒立ちになって見とれている。
神々しいほどの眺めだ。

カメラを左右に動かして、光との角度が変わっても
光の映り方が変わらないので、
レンズのフレアとは違うようだ。

自然そのままであれば、
幻日(げんじつ、sun dog)と呼ばれる自然現象らしい。

これも是非、一度直接見てみたいものだ。




cf) Mail OnlineTOCANA


幻日現象の秋元湖
太陽の光と氷昌の掛け合いによる世界
太陽系太 (著)
見るだけで幸せになる光のメッセージ



<スポンサードリンク>




nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自転速度ダウンで2018年は世界で大地震が頻発の年!? [自然・動物]

地球物理学者によると、2018年は世界各地で
大地震が頻発する年になる可能性が高い、という。

地震


<スポンサードリンク>



その理由に挙げられているのが、自転速度の低下だ。

地球の自転速度は周期的に変動しており、
現在は、1日あたり数ミリ秒落ちており、
2018年から回復する周期にあるそうだ。

地球物理学者らによると、研究結果から
自転速度の低下は、地震の発生頻度アップと
関連があることが判明している。

1900年以降に世界で発生したマグネチュード7.0以上の地震は、
約32年周期で頻発している。

さらに、地震の頻発周期は地球の自転速度が低下した時期と
強い相関関係を持つことが分かった。

地球は25-30年周期で自転速度を低下させており、
その直後に地震の頻発時期が来るという。

減速期間は約5年間続き、その最後の年の翌年に
地震が頻発する傾向にあるようなのだ。

2017年は地球が自転速度の低下開始から4年目で、
2018年に地震が頻発すると考えられる。

ただ、一体なぜ地球の自転速度が変化するのかに
ついては、仮説はあるものの、まだはっきりとしていない。

それと、自転速度の低下と地震の頻発との相関関係を
示すデータはあるものの、その理由は不明なまま。
つまり、科学者らは自転速度の低下が地震の原因となっている
とは断定できていない。

通常の年であればM7を超える大地震の発生件数は
年間15~20回だ。

しかし、自転速度の低下開始から5年目を迎える年には、
平均で25~30回の大地震が発生している。

地震予知はまだまだ困難な状況だが、
2018年の大地震の統計的な発生確率は非常に高い。

一日も早く、これらに直接の関連があるのかどうか、
あるのなら、どんなメカニズムなのか解明されることを
期待したい。


cf) Forbes


福和 伸夫 (著)
次の震災について本当のことを話してみよう
ロバート・ゲラー (著)
日本人は知らない「地震予知」の正体



<関連記事>
幻のサメが次々。地震の前触れか?
環太平洋造山帯で火山噴火増加中
大地震予知の新たな手掛かり!?
2016/11/13のニュージーランドの大地震で地割れ、隆起、発光現象・・・


<スポンサードリンク>




タグ:地震 自転
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関東・東海・関西の各地で火球が目撃される! [自然・動物]

11月21日の夜9時半頃、関東・東海・関西の各地で火球が目撃された!
日本ではなかなか珍しいことだ。





<スポンサードリンク>



上のツイッターは明石市立天文科学館‏ の
屋外カメラでたまたま捉えられたもの。

一瞬、大きな隕石が町に落ちて、
大変なことになりそうなほど大きかった。

火球とはいうが、要は大きな流れ星であり、
大気圏中で燃え尽きる小さな隕石だ。

これも富士山に爆弾でも落とされるような感じだ。
一瞬、真昼のようにかなり明るくなっている。




最近普及の進んでいるドライブレコーダーに
たまたま運転中に映った例もあった。
ちょうど車の真正面だった。





<スポンサードリンク>



ウェザーニュースによると、こんなにも広い範囲の
多くの地点から火球が目撃されている。




特に流星群が来ている訳でもないのに、
やけに多い気はする。

こちらはアメリカ上空の話だが、
MASAが日々火球の様子を観測していて、
この11月21日には64個もあったそうだ。

色は飛ぶスピードを表しており、
赤は遅く、青は速いものだ。

火球
(出典:spaceweather.com)

天体ショーとして楽しく見ていられればいいのだが、
ここ1-2年、地球に接近する隕石や小惑星が多く、
ちょっと心配なところもある。


cf) 地球の記録spaceweather.com



小惑星探査機「はやぶさ」の超技術
2018年版(平成30年)太陽・月・星のこよみ



<関連記事>
NASAが地球に迫る小惑星を軌道変更させる大実験計画!
小惑星"2017 GM"が4月4日に地球から1万5000km地点を通過していた
月より内側を通る隕石や小天体がまだまだあった


<スポンサードリンク>










nice!(15)  コメント(0) 

長崎で「だるま太陽」と「浮島現象」が珍しい共演 [自然・動物]

今朝(2017年11月21日)長崎で、
「だるま太陽」と「浮島現象」の共演という
珍しい現象が起きた!





<スポンサードリンク>



場所は長崎市の沖50kmほどにある
五島列島の五島市。



<だるま太陽>
海面から顔を出す朝日の形が、
円や半円ではなく、だるま型になっている。

<浮島現象>
沖合にある別の島が、
まるで水平線上に浮かんだとように見える。

この珍しい幻想的な現象が1分ほど続いたそうだ。

これらの現象は、蜃気楼の一種。
上空の空気と海面の空気の温度差で
光が屈折して起きる。

秋から冬の冷え込んだ晴れの日に起きやすいそうだ。

だが、個別でもなかなか起きないのに、
たまたま日の出の時間に、太陽の方角の程よい距離に島の
ある場所で、大気がそうなったという偶然も重なって起きたものだ。


cf) 西日本新聞


日本蜃気楼協議会 (著)
蜃気楼のすべて!
濱野 敏男 (著),‎ 竹内 敏信 (監修)
富山湾―蜃気楼の海、竜巻の浜、豊漁の港



<関連記事>
奇観「影鳥海」が出現!
ピンク色の虹がイギリス西部に出現!
コスタリカのターコイズブルーの川の謎
イタリアであまりにも超局所的すぎる雨
大阪周辺中心に不思議な雲が頻発、地震雲か?
不毛の砂漠が一夜にして花の楽園に~アンザ・ボレゴ砂漠(カリフォルニア)
月虹が石垣島に出現!
父島三日月山展望台でグリーンフラッシュ!
何かが青く輝く幻想的な夜の海の風景
太陽に天使の羽が生える奇跡!
幻想的な濃霧に包まれた「天国へのハイウェイ」


<スポンサードリンク>




nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

南極の氷が融けているのは火山のせい!? [自然・動物]

ここ数年、南極の巨大な棚氷が崩れたとか、
南極の氷が融けたら海水面が何10mも上昇してしまう、
といったニュースが相次ぎ、その原因は
「地球温暖化」とされてきた。

ところが、そうではない可能性が出てきた!?

南極の火山
(出典:NASA


<スポンサードリンク>



上の図は先日(2017年11月7日)NASAが発表した
南極の氷の層の地下の様子。

水色の点は湖、青い線は川を表している。
地表は厚い氷で覆われてるのに地下に湖や川?
と、なんとも妙な状況になっていることが判明した。

なんと、南極には138もの火山があるという。
日本なら火山と言えば温泉がつきもの。
活火山ではなくても、相当な地熱がある。

つまり、南極の氷が大規模に融け出している原因は、
火山の地熱である可能性が出てきたのだ。

上の図の出ているページでも、こう出ている。
「南極大陸の下からイエローストーンと同等の地熱が発生し、
それが南極の氷床を溶かしている」


そうなると、地球温暖化どころの影響ではない。
火山の規模や活動次第では、
一気に融けても不思議ではないのだ。

万一、南極の全部の氷が融け出したら
世界の海面が約60mも上昇するという試算がある。

話半分にしても、あるいは融ける量が半分だったら、
海面は30mほど上昇する。

「/flood.firetree.net」というサイトがあり、
洪水のシュミレーションができる。
そこで30mで関東地方を試してみるとこうだ。

関東30m洪水
(出典:Flood Fire Tree

東京湾周辺のかなりの土地が水没してしまう。
標高の低い南の島々だけの問題ではない。
日本への影響も甚大なものだ。

これはきちっと調査し、対策を練らなければいけないだろう。


cf) indeepNASA


深井 有 (著)
気候変動とエネルギー問題
 - CO2温暖化論争を超えて
深井 有 (著)
地球はもう温暖化していない:
科学と政治の大転換へ



<スポンサードリンク>




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

これが翼竜?本当に空飛べたの? [自然・動物]

これは、ケツァルコアトルス・ノルトロピ
これまでに見つかった翼竜の中で最大の種類だ。





<スポンサードリンク>



最近、新しい化石の発見が相次いで、
翼竜のイメージがかなり変わってきたらしい。

このような超大型もいれば、
スズメほどの超小型の翼竜も見つかっているという。

上のケツァルコアトルス・ノルトロピは体高が
キリンほどもあり、翼開長が10.5mもある。

後ろの象と比べても、とにかくでかい、
そして、頭がでかすぎる。

東部の長さが3mもあって、
胴体は1mもない。
なんともバランスが悪い。

違う種の頭と胴体を取り違えたのでは?
と疑いたくなってしまう。

これが史上最大の空飛ぶ動物。
でも本当に飛べたたのか?

でかいけれど、よちよち歩きならぬ
よちよち飛びではないか??

そのナゾは、ナショナル ジオグラフィック日本版
2017年11月号に出ているらしい。

ナショナル ジオグラフィック日本版
2017年11月号<特製付録付き>



<スポンサードリンク>




タグ:恐竜 翼竜
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

#ねこの写真ヘタクソ選手権!? [自然・動物]

いつ、誰が始めたのか知らないが、
ネコ好きなら誰でも知っている!?

「#ねこの写真ヘタクソ選手権」なるものが
twitter上で展開されている!





<スポンサードリンク>



普段、大好きなネコちゃんたちを写真に撮っても、
タイミングがずれたり、ピンボケになったり、
カメラが苦手だったりで、失敗作も結構あるはず。

そんな写真は普通はお蔵入りだが、
それをどうどうと発表できる場になっている!







いやいや、いろいろありますねぇ。
ピンボケ系が意外と面白い気もします。







これも一番上のと似てて、すごい!




私も1枚。
アルマジロみたいなおしりとしっぽ。

ネコのへたくそ写真

皆さんも面白いのがあったら、是非ご投稿ください!
https://twitter.com/search?q=%23ねこの写真ヘタクソ選手権&src=typd


猫との暮らしが変わる遊びのレシピ
: 楽しく仲良く役に立つ!科学的トレーニング
南幅 俊輔 (著)
ワル猫カレンダーMOOK2018



<スポンサードリンク>




タグ:写真 ねこ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

アルゼンチンで警官がエイリアンを撮影!? [自然・動物]

アルゼンチンで不審な人物がいるとの通報で
現場に駆け付けた警官がエイリアン?を撮影した!

アルゼンチンのエイリアン
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



9月12日の夜のことで、場所はアルゼンチン北部
コルエンテス市にあるマイター公園というところ。
乗り捨てられたボートが浮かぶ川のそばだった。

警官が通報者が指す方に向かっていくと、
人のようで人ではない妙な生物を見つけ
スマホのカメラで撮影に成功した。

写真をよく見ると、服は着ていないように見える。
頭の大きさの割には大きなアーモンド形の目。
手の指は(ペルーのミイラではないが)3本だ。

アルゼンチンのエイリアン
(下のYouTubeより)

警官がゆっくり間を詰めていくと、
川に飛び込んで逃げてしまい、見失ったそうだ。

宇宙人がこんなところで遊んでいるとも思えないし、
川を泳いで逃げるというのも不自然な気がする。

地球生まれのUMA(未確認生物)なのか、
地球外から来たエイリアンなのか、
はたまた作りものなのか、謎だ??




cf) InexplicataLatest UFO Sighting


<関連記事>
ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!
続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?
続報2)ナスカで発見の真っ白なミイラのプレス・コンファレンス
続報3)ナスカで発見の真っ白なミイラのDNA


ティモシー グッド (著)
エイリアン・ベース―地球外生命との遭遇
並木 伸一郎 (著)
宇宙人の謎―地球にやってきた異形のエイリアン



<スポンサードリンク>




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ネコが卵から生まれた!? [自然・動物]

これまた面白い動画をみつけてしまった。
ネコたちが卵から生まれてしまう!

卵からネコ
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



子ネコが次々と殻を割って、
ニャーッと鳴きながら生まれてくる!?

一体、どうやって撮影したものか??
1つだけならまだしも、
次から次へと、隣り合った卵からも・・・

なんともタイミングよく割って出てくる。
CGでもなさそうだし。
ほんと、どーやって???




人生はニャンとかなる!
人生はもっとニャンとかなる!



<関連記事>
東急世田谷線に「幸運の招き猫電車」登場!!
イヌやネコも肩こりになる!?
イギリスの財務省がネコを職員に3件目の正式採用!
ネコ寺「御誕生寺」にまた赤ちゃん誕生
ネコ用回し車「キャット・ホイール」でハムスターのように運動
スーザン・ハーバートさんの「ねこ名画」がとってもいい!


<スポンサードリンク>




タグ:ネコ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

未知との遭遇、イルカと〇〇!? [自然・動物]

面白い、珍しい動画を見つけました。
自然界では、いや自然界でなくても
普通にはあり得ない未知との遭遇でしょう!?

イルカとリス
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



場所は、アメリカのフロリダ州オーランドの水族館。
エサでも探しに来たのか、2匹のリス
偶然イルカの水槽の前にやってきた。

水族館のスタッフが偶然撮影した模様。

若いイルカたちはすぐにリスに気が付いて、
興味深そうに視線をリスに送り続けます。

一方、リスの方はイルカに関心がある様子はなく、
もしかしたらイルカに気付いてないかも知れません。

あるいは、毎度のことで、もうイルカのことは
分かっていて、エサの方が大事なだけなのか??



とにかく、興味深い映像でした。


野崎 友璃香 (著)
イルカが教えてくれたこと
ゼバスティアン メッシェンモーザー (著)
リスとお月さま



<スポンサードリンク>




タグ:リス イルカ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 自然・動物 ブログトップ



人気ブログランキングへ