So-net無料ブログ作成
検索選択

日本では30度超え、インドでは40度超え [自然・動物]

たまたまあるサイトを見ていたら、
こんな天気図が・・・

IndiaPakistan40.JPG
(出典:vk


<スポンサードリンク>



ロシア語版ツイッターのようなサイトでVKというのがあります。
たまたま、そこを見ていて出てきたのが上の図。
場所は、インドとパキスタン、バングラディシュです。

ここ2-3日、日本も急に暑くなって、
各地で最高気温が30度を超えたり、
鎌倉で赤潮が発生したりしてますが、
こちらは40度超えも当たり前のようです。

一瞬、摂氏と華氏の違いかとも思いましたが、
日本と同じ摂氏で、5月6日の最高気温のようです。

ここのサイトを見ても、今月のデリーの気温の予想は、
 最低気温:27~31℃
 最高気温:39~46℃
と、40℃は当たり前みたいです。
https://www.accuweather.com/ja/in/delhi/202396/may-weather/202396

では、6月、7月と更に上がるのかと思いきや、
見てみるとむしろ下がっていき、4月、3月も同様で
この5月が最も気温が高くなるようです。

湿度にもよりますが、これは相当暑く、
仕事どころではないでしょうね。

私は、その昔エジプトで46℃を経験しましたが、
砂漠地帯で湿気がほとんどなかったので、
陽射しは強いものの、体感的には30℃程度でした。

それにしても、毎日最高気温が40℃とか45℃なんて
想像したくもないですね。


さくら 剛 (著)
インドなんて二度と行くか!ボケ!!―
…でもまた行きたいかも
繁田奈歩 (著)
デリー勤務を命ず
 辞令が出たら読むビジネス版インドの歩き方



<スポンサードリンク>




タグ:インド
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

環太平洋造山帯で火山噴火増加中 [自然・動物]

今、環太平洋造山帯で火山噴火が増加しているらしい。
こちらのマップのは世界の噴火中の火山を示している。

VolcanoInEruption.jpg
Volcano Discoveryより-太平洋中心に修正)


<スポンサードリンク>



現在、世界には約600の火山があり、
常時10~20の火山が噴火中だという。
(海底火山は含まない)

それが、4月28日に今年最高の37まで増えたのだ。
今日5月3日は、環太平洋だけでも25以上、世界で37のままである。
南極やインド洋南部にもあるのは知らなかった。

日本でも、最近はこんな感じだ。
5月2日 桜島で大きな噴火
4月28日 伊豆諸島のベヨネース列岩(海底火山)で気泡
4月20日 西之島が1年半ぶりに噴火

西之島
(海上保安庁撮影)

西之島、ベヨネース列岩は冨士火山帯の一部で、
箱根山や富士山につながる。

西之島が広くなって、日本の面積が広がるのはよいが、
富士や伊豆箱根などの陸地までは刺激しない
ことを祈りたい。


島村英紀 (著)
完全解説 日本の火山噴火
福田 重雄 (著)
衛星画像で読み解く
噴火しそうな日本の火山



<関連記事>
ハワイの溶岩の滝がスゴ過ぎる!
メキシコ・ポポカテペトル火山で月のような巨大UFO?
世界で火山噴火2件に隕石1件
西之島の12月の状況と地震予測
エトナ山が大噴火~美しくもあり、恐ろしくもあり


<スポンサードリンク>




タグ:火山
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

箱根で大島桜がGW中満開! [自然・動物]

ここしばらく、遠出をしてなくうずうずしていたところに、
箱根で桜が満開という情報があり、
えっ?と思いつつも行ってみた。

箱根園の大島桜


<スポンサードリンク>



東京・神奈川あたりは4月上旬に満開になり、
とっくのとっくに桜は散っている。

それはソメイヨシノだが、箱根の箱根園にある
「湖畔の一本桜」と呼ばれる大島桜
4月の下旬に開花し、GW頃満開になるという。

上の写真の通り、確かに満開だった!
周りは芝生なので、シートを敷いてお弁当を
食べながらお花見の人たちもいた。

樹齢100年と言われ、幹周り5m、樹高12mもある。
なんだか富士山のような末広がりの容姿で
22mもの枝張りは実に見事だった。

箱根園の大島桜


せっかくここまできて、駐車場代も1000円かかったので、
九頭竜神社(本宮)にも行ってみた。

九頭竜神社新宮は箱根神社に隣接していて
駐車場やバスの便もあるのだが、
本宮はバス停も駅も駐車場もない。

箱根神社から、半分は歩道のない狭い道路を
約3km(45分)歩くか
箱根園まで車かバスで来て20分歩くかになる。

(実はモーターボートという手もあるのですが・・・)

箱根園から先は湖畔の歩行者&自転車専用の道(神山通り)。
芦ノ湖や湖面を進むボートや遊覧船を眺めながらで、
アップダウンもないので、
あまり時間や距離を気にせずに歩けてしまう。

途中からは、入園料500円で九頭竜の森の中を歩く。
ここにも何本か大島桜が咲いていた。
入ってすぐ横に白龍神社がある。

白龍神社

湖畔に立つ、簡素な神社です。
箱根権現でお祀りされていた「白和龍王」の名を
略したものだそうで、白龍大神をお祀りし、
写真の通り、鳥居も赤や朱色でなく白です。

天気がよかったせいもあるでしょうが、
淡く温かい気を感じる場所でした。

縁結びの神とも言われているようで、
女性の参拝者が多かったです。


<スポンサードリンク>



九頭竜の森の中をまた10分ほど歩くと
九頭竜神社です。
拝殿は比較的最近再建されたのか、
とても新しいものでした。

九頭竜神社

鳥居や灯籠(?)は古くからのもので、
参道入口は湖、あるいはボート乗り場になります。
写真にはありませんが、湖の中にも鳥居があるのです。

九頭竜神社

芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える龍神信仰の聖地で、
前の湖は奈良時代に箱根権現を建立した萬巻上人と、
九頭龍大神ゆかりの祭場となっているそうです。

新しくなった拝殿周辺とその他の場所で
気が異なる感じでした。
元の気に馴染むまで少し時間がかかりそうです。


この後、詳細は省きますが箱根神社にも行き、
隣の九頭竜神社新宮にもお参りしました。

そこも拝殿前に新しい建物(屋根?)ができていて
驚きました。最後に来たのは何年前だったか・・・

九頭竜神社新宮

建物が新しくなり、参拝者も若い人が増え、
神社の気も若くなった感じです。

九頭竜神社新宮

箱根神社の湖畔まで降りたところの鳥居の
手前にこんな石が参道にるのですが、
勝手に鯨石と呼んで、行くたびに挨拶しております。

箱根神社の鯨石


箱根さんぽ
(散歩の達人MOOK)
箱根寄木細工
秘密箱4回仕掛け



<姉妹サイト関連記事>
箱根神社
九頭龍神社
白龍神社


<スポンサードリンク>




タグ:箱根
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

新タイプのオーロラ!?「スティーヴ」 [自然・動物]

オーロラとは異なる新しい大気現象が観測された。
地面から上空に向かって長くしなやかに伸びる棒状の美しい光。
正式名はまだなく、仮称で「スティーヴ」と呼ばれている。

スティーヴ
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



民間の研究家たちが見つけ、SNSで拡散された。
2016年中に世界で50件以上の目撃報告があった。

名前がないと不便なので、『森のリトル・ギャング』という映画で
正体不明のものを「スティーヴ」と呼んでいたことから
「スティーヴ」と名付けられたらしい。

次第に科学者にも知られるようになり、
カナダのカルガリーに出現したものを
カルガリー大学の科学者が調査に乗り出した。

その調査によると、
 巾 :25〜30km
 長さ:東西に数千km
 色 :紫っぽいものが多く、一部が緑色
 出現時間:20分~1時間強
 出現時期:10月~2月
 観測場所:イギリス、カナダ、アラスカ、アメリカ北部、ニュージーランド
       (オーロラよりも10-20度赤道寄り)

ここまでであれば、
「あぁそうなんだ、結構大きいね」
くらいの感想だが、驚くのはこの内容。

地上から高度300km地点の温度が3,000度まで一気に上昇。
データによると、25kmにも渡る幅のガス状の帯は、
帯の側面部分は秒速10mのスピードで動いていたのに比べて、
秒速6kmという速さで西方向に流れていた。


スティーヴのはるか上空が3000度もの超高温になっている
というのは、一体どういうことなのか?

詳細はまだ発表されていないが、スティーヴはオーロラとは違って、
地球の磁場と太陽粒子の相互作用によるものではない、
ということだ。



今後の発表を期待して待ちたい。


ref) GIZMODOAuroraSaurus


Amir オーロラプロジェクター
(音楽再生可能)
オーロラ [DVD]




<スポンサードリンク>




タグ:オーロラ
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

南極に川や滝が次々できている!? [自然・動物]

コロンビア大学の研究者らが、南極大陸のあちこちに
川や滝ができていることを発見した。
南極であれば、水は基本的には凍るはずだが・・・

南極にできた川・滝
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



こちらの動画を見て欲しい。
わずか13秒だが、氷の大地の表面をものすごい勢いで水が
川となって流れ、滝となって落ちていく様子がよく分かる。



これが、たまたま2-3ヶ所見つかりましたならまだいいが、
南極の沿岸部全体に広く広まっているのだ。
赤い印が全てそうだ。

南極にできた川・滝
(出典:nature

これも温暖化の影響なのだろう。
この勢いで南極の氷が融け続けたら大変なことになろう。

今年初めにNOAA(アメリカ海洋大気庁)が予測したところでは、
2100年までに世界の海面は30cm~2m50cmほど
上昇するという。

仮に180cm上昇すると、アメリカですら
600万人分の家が飲み込まれるという。

温暖化しているのか寒冷化しているのか
意見の分かれるところだが、
少なくとも南極のこの部分については温暖化である。

規模が規模なだけに
なかなか対応策の難しい問題だ。


ref) CBS News


<関連記事>
こんな流氷、いや氷山がきたらどーしましょう?
極寒の南極の湖底に緑の森!?
南極の湖中にUFO発見!?~Google Earthで
北極の海底から異音がし、動物たちが消えた!?
南極にピラミッドが見つかる!?
2015年に小氷河期が始まっていた!?


なぞの宝庫・南極大陸
100万年前の地球を読む
激変する気候



<スポンサードリンク>




タグ:南極
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

こんな流氷、いや氷山がきたらどーしましょう? [自然・動物]

カナダ東部のニューファンドランド島に
とんでもなく巨大な流氷、いや氷山がやってきた!
合成写真じゃないですよ!




<スポンサードリンク>



上の写真の氷山が流れてきた場所はここ。
ニューファンドランド島のフェリーランドというあたり。



ツイッターに出てくる似たような写真をたどると
4月13日頃にやってきた模様。

海底につかえているらしく、
もう10日以上、今の位置に鎮座してしまっているようだ。

いくら北国とは言え、こんなに大きな氷山が
流れてくるのは初めてで、多くの人が集まっている。

高さが最も高いところで約46mもあるという。
ビルでいうと15階以上にもなる。

ヘリがこんなに小さくなってしまい、
本当に山が動いて来た感じです。



諸説ありますが、例のタイタニック号が衝突した
氷山の高さは33mだったと言われており、
巾は分かりませんが、高さはその1.4倍もあります。

いずれは溶けてしまうでしょうが、
しばらくは、いい観光資源になることでしょう!?


おもしろ食器
氷山グラス シロクマ 絞り器付き
インフレータブル 氷山(ウォーター パーク)
¥467,980 (2017/4/23)



<関連記事>
南極に川や滝が次々できている!?
北極の海底から異音がし、動物たちが消えた!?


<スポンサードリンク>




タグ:氷山
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

イタリア・ミラノに沸き立つ不思議な雲 [自然・動物]

4月11日にイタリアのミラノで、沸き立つような
見たことのない雲が出まくったそうです。





<スポンサードリンク>



この後、嵐模様になったそうなのですが、
積乱雲とも感じが違うし、何と言うのでしょうか?
気象関係者のコメントは見つけられませんでした。

#nonpromettenulladibuono - #clouds over #milan - #apocalisse

Jacopo Longhiniさん(@jaco.long)がシェアした投稿 -




twitterやInstagramにたくさん出ているのですが、
ハッシュタグと「すごい」、「怖い」などのコメントしかなく、
それ以上の状況が分かりません。




90度を超えてしまった空中滝とでもいうか、
なんとも形容のしようがありません。
とにかく奇妙な雲です。


池田圭一 (著)
図説 空と雲の不思議 きれいな空・すごい雲を科学する
雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑



<関連記事>
トルコにUFOが回転する穴あき雲!?
ブラジルでブルージェットが地上から撮影された!
大阪周辺中心に不思議な雲が頻発、地震雲か?
ザンビア上空に謎の巨大人影
石垣島に津波?雪の壁?雲?
スウェーデンにUFOのような巨大レンズ雲
藤沢で球形の奇妙な雲!?海外でも話題に
長野にある雲海の絶景ソラテラス(SORA terrace)
太陽に天使の羽が生える奇跡!
ラスベガスに超巨大UFO雲!
変な音の後に変な雲が空から舞い降りてきた @モロッコ
業火の手が空から大西洋に降りてきた!?
雲の上に立つ謎の巨人が激写される!?


<スポンサードリンク>




タグ:イタリア
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

4月5日、インドにとんでもない雷、雷、雷の嵐! [自然・動物]

4月5日、インドのグルガーオンという町を
とんでもない雷の嵐が襲った。
その写真がスゴ過ぎる!





<スポンサードリンク>



グルガーオンは首都ニューデリーの南西側のすぐ隣。
人口約87万人の大きな町だ。



ここに立て続けに89発(?)もの落雷があったという。
ほんの2つ、3つでも震え上がる人も多いのに、
89個とは信じがたい数だ。

ちなみに、上の凄まじい写真は、ある一瞬の1枚ではなく、
同じ場所から撮影した一連の写真を合成したもの。
それにしてもすごいが・・・

恐ろしいことに、インドでは近年落雷が増えており、
2014年には2500人以上もの人々が
落雷で命を落としているそうだ。

昨年2016年には、6月21日~23日の3日間で
120人が落雷で亡くなるという、
とんでもない事態になっている。

海外で大地震があると、必ずと言っていいほど
耐震設計が問題にされるが、落雷に対して、
高い建造物に避雷針は付いているのだろうか?
そのあたりの情報は見つからなかった。

ただ、今回のような町中というよりも、
広い平野で農作業中に落ちてきたケースも多いらしい。
避難場所の確保が急務だろう。


ref) reddit地球の記録


柳川 俊一 (著)
よくわかる雷サージ対策技術
シリコンゴム亜鉛酸化雷放電電流避雷針



<スポンサードリンク>




タグ:インド 落雷
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#cuteanimaltweetoff が話題 [自然・動物]

今ツイッターで、#cuteanimaltweetoff が話題 になっている。
どこか海外の動物園の人が、このハッシュタグでカワイイ動物の
写真を投稿したことから始まったらしい。





<スポンサードリンク>



初めのうちは動物園ならでは接写などが多かったが、
その後、一般の人たちも加わったようだ。

思わず癒されてしまう写真がたくさん出ています。














<スポンサードリンク>




タグ:動物

ブラジルでブルージェットが地上から撮影された! [自然・動物]

超高層で起きるブルージェットと呼ばれる放電現象が
ブラジルで偶然にも地上から撮影された!

BlueJet.jpg
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



空中での放電現象と言えば、
普通は「雷」を思い浮かべる。

超高層の成層圏や電離層では、空気が非常に薄いため、
基本的には気象現象は起きないとされていたが、
1989年に雷雲から上空に向かう発光現象が見つかった。

その後、下図のような数種類の放電現象が確認されている。
ウィキペディアより)

Upperatmoslight.jpg
By Abestrobi - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link
  • スプライト
  •  主に中間圏で発生する赤系統の発光
  • エルヴス
  •  中間圏上部~熱圏下部で水平に広がる発光
  • ブルージェット
  •  成層圏上部での青系統の発光(上向きの雷)
  • ブルースターター
  •  成層圏下部でブルージェットに先立って現れる発光


これらの放電現象は、以前は人工衛星等宇宙からの撮影しか
なかった。こちらは国際宇宙ステーション(ISS)から、
2015年にベンガル湾上空の嵐の上から撮影されたもの。



これは暗闇の中で青白く光るだけなので、
周りの状況が見えず、きれいなのだが、
何なのか全く分からない。

それが、今回のブラジル北東部のカンピナ・グランデでの動画は、
昼間に地上から撮影され、周りの状況や雲から上に昇る
様子がとてもよく分かる。



ただし、一瞬のことで、最初の3秒ほど以降は
スロー再生した様子となっている。

地上には落ちずに、上空に向かって舞い上がる雷
とはとっても妙な感じだ。


河崎 善一郎 (著)
雷に魅せられて
―カミナリ博士、その謎を追う
速水 敏幸 (著)
謎だらけ・雷の科学
―高電圧と放電の初歩の初歩



<関連記事>
今度はイギリスで赤い光学現象「スプライト」が撮影された!
トルコにUFOが回転する穴あき雲!?
イタリア・ミラノに沸き立つ不思議な雲
大阪周辺中心に不思議な雲が頻発、地震雲か?
ザンビア上空に謎の巨大人影
石垣島に津波?雪の壁?雲?
スウェーデンにUFOのような巨大レンズ雲
藤沢で球形の奇妙な雲!?海外でも話題に
長野にある雲海の絶景ソラテラス(SORA terrace)
太陽に天使の羽が生える奇跡!
ラスベガスに超巨大UFO雲!
変な音の後に変な雲が空から舞い降りてきた @モロッコ
業火の手が空から大西洋に降りてきた!?
雲の上に立つ謎の巨人が激写される!?


<スポンサードリンク>




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース



人気ブログランキングへ