So-net無料ブログ作成
検索選択

NASAが地球型惑星をTrappist-1で7つも発見! [宇宙・文明]

NASAが2月22日(日本時間23日未明)、
太陽系外に地球サイズの生命が居住可能とみられる
惑星を7つも発見したと発表した。

TRAPPIST-1
(Credits: NASA/JPL-Caltech


<スポンサードリンク>



Trappist-1と呼ばれる星系で
みずがめ座の方向約40光年にある。

そこに昨年は惑星が3個あると発表されていたが、
各種測定値に異常が見られ、
よくよく観測したところ、非常に近接して7つも
あることが分かったという。

そしていずれにも大気と液体の水が存在する
岩石でできた惑星である可能性が高く、
特にうち3つはほぼ確実だという。
大きさも地球の半分弱から1.4倍くらいと似ている。

お互いに非常に近い距離を保ちながら、
太陽と水星の距離よりも近くを公転している。

中央の恒星は赤色矮星で、大きさが太陽の8%程度と
非常に小さくて、温度も低い。

そのため、恒星に非常に近いにもかかわらず、
水は液体で存在し、生命の存在可能な環境に
あると見られている。

そして、お互いがあまりに近接しているので、
隣の惑星が、地球から見る月よりもはるかに大きく、
雲や地表の様子が見えるくらいだろうというから驚く。
それも1つではない!

地球から火星と金星の地表が空の左右に
肉眼で見えるようなものだ。

また、あまりに公転周期が短いので、
自転周期と公転周期が近くなって、月のように
惑星の片側は昼ばかり、反対側は夜ばかり
という状態だろうとも。

居住可能とは言え、ほんの一部の地域に限定
されるかも知れない。



これまでも地球に環境が似ているであろう惑星は
たくさん見つかってきたが、1つの星系には1つあるかないか
だったのが、今回は7つもとは驚きである。
今後の観測結果も楽しみだ。


ref) NASA


太陽系外の惑星をさがす
(NHKシリーズ)
系外惑星の事典



<スポンサードリンク>




nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース



人気ブログランキングへ