So-net無料ブログ作成

瀬戸内しまなみ海道はサイクリストの聖地だった! [社会・流行・乗物]

本州と四国を結ぶ3つの本州四国連絡橋の1つ
「瀬戸内しまなみ海道」(尾道・今治ルート)は
自動車専用道路かとばかり思っていたが、
歩行者・自転車・原付専用道にも併用されていた!

瀬戸内しまなみ海道
YouTubeより)


<スポンサードリンク>



自動車用の道路のすぐ脇や
少し離れたところにサイクリングロードもある。
全長が70kmもあり、日本で初の海峡を
横断できる自転車道でもある。

全く知らなかったが、2015年に
米CNN「世界の最も素晴らしいサイクリングロード」
に選ばれていたそうで、世界的にもそこそこ有名。

今や、サイクリストの聖地となっているのだ!
確かに、瀬戸内の海や島々、大きな橋などを
眺めながら、気持ちのよいコースだろう。

来月11月26日には、
瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017
が開催される。

瀬戸内しまなみ海道
(出典:瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会

10月末まで申し込み受付中なので、
我こそはという方は、是非参加してみて欲しい。
(上のリンク先参照)


<スポンサードリンク>



全6コース、24km~80kmと初級者から上級者まで
巾広く参加できる。

①「尾道80コース」
(向島運動公園⇔多々羅しまなみ公園 約80km)定員550名
(高校生以上5,000円) ※中学生以下は参加不可

②「尾道60コース」
(向島運動公園⇔瀬戸田中学校 約56km)定員300名
(高校生以上5,000円、小学4年生以上・中学生以下2,500円)
 ※小・中学生は保護者同伴

③「上島60コース」
(向島運動公園⇔上島町 約58km)定員150名
(高校生以上5,000円、小学4年生以上・中学生以下2,500円)
 ※小・中学生は保護者同伴

④「今治70コース」
(サンライズ糸山⇔多々羅しまなみ公園 約65km)定員550名
(高校生以上5,000円)※中学生以下は参加不可

⑤「今治50コース」
(サンライズ糸山⇔伯方S・Cパーク 約50km)定員350名
(高校生以上5,000円、小学4年生以上・中学生以下2,500円)
 ※小・中学生は保護者同伴

⑥「今治30コース」
(サンライズ糸山⇔よしうみバラ公園 約24km)定員100名
(高校生以上3,000円、小学4年生以上・中学生以下1,500円)
 ※小・中学生は保護者同伴

これだけの大きく多くの橋がかかるところに、
初めからサイクリングロードの設計が
組み込まれていたのがすごい!

レンタサイクルも各種用意されており、
手ぶらで出かけてもサイクリングを
楽しめるようにも整備されいる。

更には、宿泊先に自転車を届けたり、
サイクリング中の荷物を宿泊先間で配送するサービスが
あったり、なかなかよくできている!
しまなみ海道手ぶらサイクリング

また、こちらのサイトでは、手軽に映像で
瀬戸内しまなみ海道でのサイクリングを
疑似体験ができる。
映像で楽しむしまなみ海道


cf) しまなみ海道観光マップしまなみの旅


<スポンサードリンク>




nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

アルゼンチンで警官がエイリアンを撮影!? [自然・動物]

アルゼンチンで不審な人物がいるとの通報で
現場に駆け付けた警官がエイリアン?を撮影した!

アルゼンチンのエイリアン
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>



9月12日の夜のことで、場所はアルゼンチン北部
コルエンテス市にあるマイター公園というところ。
乗り捨てられたボートが浮かぶ川のそばだった。

警官が通報者が指す方に向かっていくと、
人のようで人ではない妙な生物を見つけ
スマホのカメラで撮影に成功した。

写真をよく見ると、服は着ていないように見える。
頭の大きさの割には大きなアーモンド形の目。
手の指は(ペルーのミイラではないが)3本だ。

アルゼンチンのエイリアン
(下のYouTubeより)

警官がゆっくり間を詰めていくと、
川に飛び込んで逃げてしまい、見失ったそうだ。

宇宙人がこんなところで遊んでいるとも思えないし、
川を泳いで逃げるというのも不自然な気がする。

地球生まれのUMA(未確認生物)なのか、
地球外から来たエイリアンなのか、
はたまた作りものなのか、謎だ??




cf) InexplicataLatest UFO Sighting


<関連記事>
ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!
続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?
続報2)ナスカで発見の真っ白なミイラのプレス・コンファレンス
続報3)ナスカで発見の真っ白なミイラのDNA


ティモシー グッド (著)
エイリアン・ベース―地球外生命との遭遇
並木 伸一郎 (著)
宇宙人の謎―地球にやってきた異形のエイリアン



<スポンサードリンク>




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース



人気ブログランキングへ