So-net無料ブログ作成
検索選択

小学生の問題なのに、引っ掛かりました [その他]

お子さんが学校でもらってきたクイズということで、
1週間ほど前にツイートされていたものが、
SNSで話題になっています。





<スポンサードリンク>



割とすぐに、
上の数字から左上の数字を引けばいい、
と思ったのですが、、、

 99-72=27
 45-27=18
 39-18=21
 36-21=15 ← 答え?
 28-15=13
 21-13=8 ≠ 7

最後が合わない!
あれれ!?

初めて見た方分かりますか?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

実はこれ、2桁の数字として見るのではなく、
十の位も一の位もバラバラにして
足しているのです!

つまり、

 9+9+7+2=27
 4+5+2+7=18
 3+9+1+8=21
 3+6+2+1=12 ←答え
 2+8+1+2=13
 2+1+1+3= 7

これは見事にやられました。
よく、こんなにうまく数字の組み合わせを
見つけられたものです。


なぞなぞで遊ぼう:
数字と科学のなぞなぞ 小学生から大人まで
うんこかん字ドリル
小学1-6年生セット



<スポンサードリンク>




タグ:クイズ
nice!(6)  コメント(0) 

鉄筋コンクリート造りの木造駅に超巨大土偶! [社会・流行・乗物]

亀ヶ岡遺跡遮光器土偶のことは昔から知ってましたが、
同じつがる市内の木造(きづくり)駅の駅舎が
こんな風だとは知りませんでした。

木造駅しゃこちゃん
(出典:つがる市


<スポンサードリンク>



場所はこのあたり。
JR五能線の駅になります。

木造駅
(Google Map)

こんなド派手な(?)駅舎が作り始められたのは、
1988年のことで、「ふるさと創生事業」の交付金1億円を
活用して、2億1200万円かけて1992年に完成。

駅名はつがる市に合併前に木造町だったことから
以前から「木造」ですが、駅舎は鉄筋コンクリート造で、
巨大土偶もコンクリート製。

足もこんなに立派です。

木造駅しゃこちゃん
(出典:つがる市

遮光器土偶から、愛称は「しゃこちゃん」
列車が駅に近づくと、「いらっしゃいビーム」という
光を目から放つそうです。




夜は子どもが怖がるとのことで、
最近はあまり光らせてないそうです。

周囲は何もないところで、
確かに夜は不気味そうですね。
ちなみに駅から亀ヶ岡遺跡までは、約10kmあります。


<スポンサードリンク>



近くでは、こんなマンホールやお土産が。




とにかく、すごい駅です。


ref) 乗りものニュースつがる市


埴輪と土偶+土器&青銅器 全12種セット
渡辺 豊和 (著)
縄文スーパーグラフィック文明
隠された天球の写し絵[地上天球図]の超高度土木技術が、地球の未来に再び光を照らす!



<スポンサードリンク>




nice!(7)  コメント(0) 



人気ブログランキングへ