So-net無料ブログ作成
検索選択

「ジーランディア」~太平洋に沈んだ謎の第七大陸 [自然・動物]

かつて地球には、第7の大陸「ジーランディア」大陸が
今のニュージーランド付近にあったらしい。





<スポンサードリンク>



今の六大陸は、大きい順に
・ユーラシア大陸
・アフリカ大陸
・北アメリカ大陸
・南アメリカ大陸
・南極大陸
・オーストラリア大陸

今回のジーランディアは最小の大陸であるオーストラリア大陸と
最大の島であるグリーンランド島の間の広さになる。

最小の大陸:オーストラリア大陸  約762万㎢
ジーランディア約500万㎢
最大の島:グリーンランド島約217万㎢
(各面積は資料により異なる)

ここの地層を掘って、誕生と水没の謎を
解き明かそうという国際プロジェクトが
動き出した。

ここはかつては、今のオーストラリア、南極、インドと
合わさった東ゴンドワナ大陸の一部だったという。

それが8000万年前頃から分離し、
2500万~2000万年前に海に沈んでしまった。

今は一部が隆起して、ニュージーランドやニューカレドニアが
海上に顔を出し、ニュージーランドの最高峰マウント・クックは
3724mと富士山に近い高さがある。

ニュージーランド付近の海底を掘ると、
花崗岩が出てくるそうだ。
普通、海底ならば玄武岩が主体になるところに、
大陸で主体となる花崗岩が多い。

それで、ジーランディアは元大陸だったと
予想されるのだ。

また、ジーランディア付近の地殻の厚さは約20kmで、
海洋性地殻の6kmよりは厚いが、
大陸性地殻の30-40kmの半分程度。

地殻はマントルに浮いたような状態で、
地殻が厚いほど浮力が大きくなって標高が高くなる。

ジーランディア付近は地殻が薄いので、
沈んでしまった可能性が高い。

日本も元はユーラシア大陸の一部だったのが
分離して島になった点はニュージーランドと同じ。

日本列島の形成過程についても
何か関連することが分かるかも知れない。

個人的には、ムー大陸やアトランティス大陸の
存在の証拠や沈んだ原因の方が関心が
あるのだが・・・


ref) 毎日新聞


海に沈んだ超古代文明
木村 政昭 (著)
太平洋に沈んだ大陸―沖縄海底遺跡の謎を追う



<スポンサードリンク>




nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース



人気ブログランキングへ