So-net無料ブログ作成

9月9日 重陽の節句って何の日? [社会・流行・乗物]

9月9日は「重陽の節句」というそうですが、
何の日なのでしょうか?

重陽=重なった陽? 重たい陽?


<スポンサードリンク>



昔、中国では奇数のことを陽の数といい、
一番大きな陽である「九」が重なる日で「重陽」と言います。

この時期に咲く菊は、
邪気を祓い、長生きする効能があると信じられていて
菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだりして、
菊に長寿を祈る日となりました。

日本では、奈良または平安時代から
宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。

それ以前は、農村、山村で秋の収穫が行われる時期に
「栗の節句」とも呼ばれて
栗ご飯などで節句を祝いました

「節句」ということでは、年間5つ=五節句あります。
  • 1月7日:人日の節句 (七草の節句)
  • 3月3日:上巳の節句 (桃の節句)
  • 5月5日:端午の節句 (菖蒲の節句)
  • 7月7日:七夕の節句
  • 9月9日:重陽の節句 (菊の節句)


華道をされている方にとっても大切な日です。
菊のみの生花を行けるのですね。

その他、各地で菊に関連した行事やイベントが
あるようなので、菊を楽しんでみましょう。


<関連記事>
9月9日、今日は何の日、特盛牛丼の日?
9月9日は何の日?世界占いの日


<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。