So-net無料ブログ作成

1368ccの小さなジープ・レネゲード発売! [社会・流行・乗物]

一般にでかくてごついイメージのあるジープだが、
1368ccジープ・レネゲードが発売となった。
ベビー・ジープともいえる「ジープ・レネゲード」はどんなジープか?


<スポンサードリンク>




http://www.jeep-japan.com/renegade/ より)

第一印象は「かわいらしい」だろうか。
ちょっとスズキのジムニー似という気もしたが、
丸いヘッドライトとその間に7つのスロットグリルという
伝統あるジープを引き継いでいる。

そして、ジープと言えばアメ車の代表格の1つだが、
レネゲードは主にイタリア車となる。

確かに(?)にチェロキーやラングラーは
いかにもアメ車的な雰囲気いっぱいであったが、
このレネゲードはヨーロッパ的な感じだ。

2014年1月にフィアットとクライスラーが経営統合したFCA。
その初の共同開発車だ。
旧フィアットチームががプラットフォームを
旧クライスラーチームがデザインを担当した。
内装デザインは24才の新人デザイナーだそうだ。

直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボで
1368ccだが、外寸は 4,255mm×1,805mm×1,695mm なので、
全幅が1700mm超で3バンバー車になる。

全長が1700mm以下、重量1400kg<2000kgなので、
自動車税・重量税は5ナンバーと同レベルだろう。
価格は297万円から。

これまで、ジープに乗ってきた人が乗り換えることは、
おそらくないと思う。
2台目で奥様用ならあるかも知れない。

あとは、ホンダ・ヴェゼルやマツダ・CX-3、ベンツ・GLAあたりを
考えていた人たちの中で、選択肢に加わるのだろう。

一度、試乗してみたい気がする。


<関連記事>
車の燃費が倍になる!
市街地走行もできる高級スポーツカーNSXがフルモデルチェンジ、2370万円で販売
日産GT-Rがamazonプライムデーで1台限定販売
プリウス試乗味のコーヒーとガムって!?
Apple Carのコンセプトムービー
アリババカーにアリババID、車にログインする時代になるのか!?
ほとんどトランスフォーマー!ケーニッグゼグのスーパーカー
交通事故で弁護士を頼むのは大変ではない!
トヨタ『86 GRMN』を100台抽選で限定発売!1/4-22Web申込


<スポンサードリンク>




タグ: ジープ 発売
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。