So-net無料ブログ作成

9月16日は何の日?ハイビジョンの日、オゾン層保護のための国際デー [社会・流行・乗物]

9月16日は、ハイビジョンの日オゾン層保護のための国際デー
などが制定されています。

なぜか、ハイビジョンの日は2つあります!?


<スポンサードリンク>



「ハイビジョンの日」は、
通商産業省(現・経済産業省)が制定した9月16日と、
郵政省(現・総務省)とNHKが制定した11月25日
2つあります。

※11月25日の方は1987年に制定されたのですが、
 9月16日の方は何年か不明で、どちらが先だったかは
 分かりませんでした。

なぜその日にしたかピンとくる人は勘が鋭いです。
語呂合わせとか、何かがあった日ではないからです。

ハイビジョンは画面の縦横比が9:16であることから9/16に、
ハイビジョンの走査線の数が1125本であることから11/25に、
という訳です。

今は「4Kテレビ」が出ていますが、KはKiloのKで千。
つまり、(横の)走査線数が約4,000本あるのです。
(実際には、テレビは3840本、映画は4096本)

ハイビジョンが出る前のテレビは、4:3でした。
横が3割強長いだけで、今思えば随分正方形に近いです。
それが、ハイビジョンを出す時になぜ16:9と
一気に横長になったのか?

ハイビジョン研究というのは1964年と随分前からあり、
NHKが色々な面積や縦横比で評価実験を行い、
初めは5:3で規格制定機関に提案しました。

それが映画との関係で変わりました。
映画には、「ビスタビジョン」、「シネマスコープ」など
さまざまな画面サイズがあり、
すべてのサイズで余白やカット部分を最小限にできる
という事情で16:9になったそうです。

ちなみに、16:9=1:1.777 で微妙に違いますが、
「黄金比」1:1.618 に近いです。
黄金比とは、下図で「A:B=B:C」になる比率で
「もっとも安定した美しい比率」と言われています。

GoldenRate.JPG


<スポンサードリンク>



もう1つは、「オゾン層保護のための国際デー」

1994年の国連総会で「9月16日を国際オゾンデーとする」と
決議されました。

1987年の同日、
「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」
が採択され、1999年までにフロンガス等の消費量を半分にする
方針が決定され、日本を含む24か国が調印しました。

日本では、9月をオゾン層保護対策推進月間と定めています。

オゾン(O3)は、地表から約10~50km上空の
成層圏に多く存在しており、このオゾンが多く集まる層のことを
オゾン層と呼びます。

オゾン層は、太陽光に含まれる有害な紫外線の大部分を吸収し、
地球上の生物を守るバリアとなっています。

しかし、フロンなどのオゾン層破壊物質によってオゾン層の
破壊が進んでおり、南極上空では、毎年8~12月頃にオゾンホール
(オゾンの濃度が極端に減った状態)が観測されています。

フロンは、冷蔵庫やエアコンの冷媒や、スプレーの噴射剤などに
広く使われていましたが、オゾン破壊の元凶と言われ、
殆どが代替フロンに置き換えられました。

ところが、困ったことに代替フロンは温室効果ガスでもあるのです。

いずれにせよ、フロンを環境中に出してはいけないということで、
「家電リサイクル法」や「自動車リサイクル法」が制定されて、
フロン類の回収・適正処理を義務づけられました。




<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。