So-net無料ブログ作成

安倍総理が始めた4-7-8呼吸法って何だ? 1分で眠れるとか [健康]

安倍総理が、「4-7-8呼吸法」で健康管理と
野党からの攻撃への個別自衛力アップを図っているという。

一体どんなものなのか?


<スポンサードリンク>



安倍総理は、鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」の懇親会に出席し、
挨拶の中でこんな話を披露した。

私は今、"4-7-8呼吸法"という健康法をやっています。
これをやると落ち着けるんですね。
この呼吸法で、国会での野党からの追及にも耐えています。
もっと前から知っていれば、
私は野次を飛ばさなくても済んだかもしれない。


4-7-8呼吸法というのは、
  1. 4つ数えながら鼻から息を吸い込む
  2. 7つ数えながら息を止める
  3. 8つ数えながら口から息を吐ききる
これを1サイクルとして3回かそれ以上繰り返す。
できれば、視覚情報を遮断するために
目をつむってした方がいいでしょう。

これは、アリゾナ大学医学部のアンドリュー・ウェイル教授
考案した瞑想方法だ。(出身はハーバード大)

ウェイル教授は、西洋医学と代替医療を合わせた
統合医学のオピニオン・リーダーとして知られている。

瞑想において最も大事なことは呼吸を意識することで、
この4-7-8呼吸法はマインドフルネス呼吸法とも呼ばれている。

ウェイル教授が来日した際に、
安倍総理は食事を共にしながら教わったそうだ。

心身ともに非常にリラックスできて、
早ければ1分で寝られるという。



英語になってしまうが、より詳しくはこちら

慌ただしい生活や、ストレスの多い生活を
送っていると、交感神経が活発=興奮状態になり、
なかなか寝付けなくなってしまう。

呼吸も浅くなって、長く息を吐けなくなり、
体内に空気がたまる。呼吸の回数も増える。
呼吸も筋肉を使うので、疲れてしまう。

ますます、寝られない、疲れが抜けない、
となってしまう訳です。

そこに、瞑想や4-7-8呼吸法などを行うと、
自然と自律神経(交感神経と副交感神経)が
整えられて、昼は活発に活動し、
夜はぐっすり眠れるようになり、
免疫力も上がるのです。


<スポンサードリンク>



南カリフォルニア大学での研究によると、
瞑想が、不眠、うつ、疲労感などの改善に効果があると
報告しています。

瞑想中は脳の情報処理が休止し、β波が減少します。

他にも、
  • 前頭葉の論理的思考・感情の機能が停止し、
     深く考えなくなり、感情も静かになる。
  • 頭頂葉の触覚・味覚・知覚が鈍くなり、
     眠りやすくなる。
  • 視床から大脳への情報伝達が激減する。
といったことなどが起こり、
要はリラックスし、眠りやすくなるという訳です。

4-7-8呼吸法は1つのメソッドですが、
あまり、4, 7, 8秒にこだわる必要はなさそうです。
苦しくなって無理をしては逆効果です。

また、息を止める時に力んではいけません。
静かに止めましょう。
これも力んで止めたら逆効果です。

息を吐くのを長めにするのもポイントです。
昔から、「長い息は長生きに通ずる」と言いますから。

吸・止・吐の間隔は、自分の体感や体調に
合わせて適宜調整しましょう。

ちなみに、リラックスするには、
上記のように鼻から吸って、口からゆっくり吐きますが、
仕事中に眠くて仕方なくなった時には、
逆に口から吸って鼻から吐く呼吸を
やや激しく行うと、目が覚めます!

ということで、
安倍首相だけでなく、
私たち個々人だけでもなく、
日本という国として、
地球という星として、
何か呼吸法か瞑想ができるといいですね。
世界の自律神経の正常化のために!


<スポンサードリンク>



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。