So-net無料ブログ作成

「刃物のない人生なんて」関市PRムービーが面白い [社会・流行・乗物]

この世に刃物がなかったら?

関の刃物”で有名な岐阜県関市の
PRムービーが話題になっている。


<スポンサードリンク>



ニンジンに手刀を振り下ろす主婦、
ガムテープで髭剃り(?)する男性、
髪の毛を噛みちぎる美容師、
爪が伸びまくって握手できないアイドル、
ウェディングケーキにWチョップする新郎新婦。

何とも奇想天外なシーンが続く。
確かに、刃物がなかったら、
こんなことになってしまうかも知れない。



PRムービーのタイトルは「もしものハナシ」 。
もしもこの世の中に刃物がなかったらの話、
ということだ。

最後の最後に、チラリと包丁、髪切りばさみ、爪切りなどの
写真が出るだけで、ハナシの最中は“関の刃物”は
全く登場しない。

刃物がないと、逆にとっても痛々しいから不思議だ。
関市のPR担当者曰く、
刃物が無ければ人はどれだけ困るかを伝えるため、
あえて最後まで刃物は出さない構成にしました。


普段の生活で、さりげなく当たり前のように使っている
包丁、ナイフ、ハサミ、爪切りなどだが、関市は、
 包丁は5割、
 理容用刃物は7割、
と圧倒的な国内シェアを誇っている。

世界的にも、
 イギリスのシェフィールド、
 ドイツのゾーリンゲン
と並ぶ世界有数の刃物工業都市なのだ。


<スポンサードリンク>



9月3日の記事で、宮崎県小林市のPR動画を紹介したが、
ここのところ、各地の自治体が
まちのPRに積極的に面白い動画を制作している。

小林市の動画では、
疑似フランス語に見事に騙されたが、
今回の関市の動画では、
セリフが完全にカットされているのだ。

町の特産品である刃物の認識度が低い
市内の若者や全国に関市をアピールしつつ、
海外にも映像だけで理解してもらえるよう
意識して作ったそうだ。

英語の説明も入れている。

刃物のない、人生なんて。
Imaging the Life Without Blades.


日本一の刃物のまち 関市
Japan"s No.1 City of Blades SEKI


何となく流し見してしまうかも知れないが、
1分17秒の随所に創意工夫が込められている。

アベノミクスでの経済再生もよいが、
こうした工夫で地域が活性化すると
楽しいと思う。


<関連記事>
大分県が「シンフロ」の続編を発表!
おんせん県おおいた「新フロ」プロジェクトが面白い
宮崎県小林市のPR動画がトリッキー!絶対2度見てしまう


<スポンサードリンク>




タグ:関市 PR動画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。