So-net無料ブログ作成

中国・天津に世界最大の動物クローン工場建設~肉牛やペットを生産!? [自然・動物]

中国・天津市北部の港湾地区で、天津開発区管理委員会が
世界最大の動物クローン工場の建設を進めている。

クローンの「研究所」ではなく、「工場」である!
クローンの羊が1匹生まれたのとはわけが違う。
問題はないのだろうか?


<スポンサードリンク>



国営・新華社通信の24日の報道によれば、
ペット犬をはじめ、年間最大100万頭の肉牛
霊長類動物をも大量生産する計画だという。

2億人民元(約38億円)もの資金が投じられ、
クローン実験室遺伝子バンクなどの施設も
含まれる。

中国のバイオテクノロジー企業「博雅幹細胞(ボヤライフ)」、
韓国のスアム生命工学研究院も設立に絡んでいる。

スアム生命工学研究院の創業者は、10年前に
ヒトのクローン胚を作り出すことに成功したと主張して
物議を醸したところだ。

中国というと、食品の安全性には
ついつい疑念を抱いてしまう。

また、今年8月に大爆発事故があった地区の
近くの場所でもある。

ボヤライフの会長によると、
クローン工場は来年稼働を開始し、
当初肉牛のクローン胚を年間10万頭分作り、
その後、100万頭まで増やす計画らしい。

設立に係わる中国、韓国の人々はどうか分からないが、
そもそもクローン牛肉を食べたいと思うだろうか?
私は遠慮したい。

また、同じ顔、同じ体型、同じ模様の
規格化されて生産された犬や猫を
ペットとして飼いたいだろうか?

犬や猫は動物であり、意識や感情もある。
工業製品でもロボットでもないのだ。

(霊長類については、何をするのか情報がない)

中国はあまりに多い人口を養っていくために、
食料や資源の確保に躍起になっている。

南沙諸島での活動もそうだが、
自分さえよければいいと、
あまりに身勝手な気がする。

世界に懸念が広がっている。


<スポンサードリンク>







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。