So-net無料ブログ作成

芸工大生の卒業制作「書き時計」がすごい! [感動・人]

「書き時計」、
「置き時計」でも「掛け時計」でも「腕時計」でもない
新たな(?)時計が登場!

kakiDokei.JPG
(下のYouTubeより)


<スポンサードリンク>


「書き時計」とはすごい発想をしたと思う。

制作した東北芸術工科大(山形市)の
デザイン工学部プロダクトデザイン学科の
鈴木完吾さんのツイートが17万RT以上に昇っている。




400以上にも上る木製部品からなる。
重りで歯車が動いて、1分ごとにアームが
磁気ボードに時間を数字で書く。

ホントによく考え、よく作ったものだ。
工芸品であり美術品でもある
という感じだ。

書き時計と言っているが、ご本人は
「plotするclock(記す時計)」で「plock(プロック)」と
名付けたそうだ。

本体のサイズは
 縦:58cm
 横:60cm
 奥行:20cm

作品は“未完成”だそうで
歯車がスムーズに回るよう最終調整中だ。

東北芸術工科大の「卒業/修了研究・制作展」は
2/9から2/14まで大学キャンパスで開かれ、
鈴木さんの作品は体育館に展示されている。

近くなら行ってみたいが、
ちと遠い。

取材した山形新聞がYouTubeに動画を
アップしているが、こちらも約56万回再生と
新聞社もびっくりしている。



卒業後は、都内でCAD技術者として
仕事をするそうだが、
どんなエンジニアになるだろうか。







<スポンサードリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。