So-net無料ブログ作成

3月5日小惑星「2013 TX68」が人工衛星の高度まで接近!【NASA】 [宇宙・文明]

2016年3月5日に、小惑星「2013 TX68」
地球に最接近すると、NASAが発表した。

TX68.jpg
(出典:NASA に加筆)


<スポンサードリンク>



地球の脇を通りすぎるのだが、
地球との距離は1万7000kmから1400万kmまで
あまりに幅がある。

大きさ的には、直径30mほど。

2013 TX68は、前回2013年にも観測された
ものの、太陽の前を通ってあまり観測できず、
軌道計算のデータが不足しているらしい。

1万7000kmならば、静止軌道衛星の半分ほどになり、
1400万kmならば月の35倍もはるか先。

いずれにしても、地球に衝突の恐れはないが、
人工衛星との衝突の可能性はありそうだ。

ちなみに、2013年2月15日に
ロシアのチェラビンスクに隕石が落ちて、
大きな被害が出たが、

その時の大きさは直径約20mで、
今回の2013 TX68の3分の2だった。



小惑星といっても、直径20-30mだから
大きな岩といった方がいいかも知れない。

しかし、岩であっても、
そのもたらす破壊力は
このようにすさまじい。

仮に2013 TX68が大気圏に突入すると
チェラビンスクの時の大きさは1.5倍だが、
破壊力は2倍になるらしい。

地球にも、人工衛星にも被害なく
無事通り過ぎていって欲しい。


<追記>
当初予想の3月5日から2日ずれて3月7日に
最接近し、地球から約400万kmのところを通過した。


<関連記事>
巨大隕石「2000ET70」が4年ぶりに地球に接近
探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌを目指して打ち上げ成功!
この星は何だ?あのニビルか?
"2015 RR245"~海王星より外側の「ミニ冥王星」発見
太陽が3個、昼が140年も続く太陽系!
NASAが木星の巨大オーロラを公開!ジュノーも独立記念日に木星周回軌道入り
ジュノーが木星にフライバイ、意外な画像と巨大オーロラのさえずりを記録!
スペースX社が2025年に火星植民へ!
アポロ飛行士が月の裏側で聴いた音楽!?
重力波は時空の「さえずり」!?
地球に似た太陽系外惑星3つ発見、生命体は?
「あかつき」、周回軌道投入に成功!


<関連書籍>




<スポンサードリンク>




タグ:小惑星 TX68
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。