So-net無料ブログ作成

アポロ飛行士が月の裏側で聴いた音楽!? [宇宙・文明]

1969年5月、アポロ10号月の裏側を回っていたとき、
宇宙船の外からの妙な音楽(音、サウンド、ノイズ?)を
聴いていたことがNASAから2/21に公開された。

Apollo_sound.JPG
(出典:YouTube


<スポンサードリンク>



もう47年も前になるが、
アポロ11号で人類が初めて月面に降り立った
(とされる)1969/7/21の2ヶ月前の5月、
アポロ10号は月を周回していた。

乗船していたのは、この3人
・トーマス・スタッフォード (Thomas Stafford)氏
・ジョン・ヤング (John Young)氏
・ユージン・サーナン (Eugene Cernan)氏

ちょうど月の裏側に入り、地球と交信できなくなった
時間帯のできごとだった。

「ヒューヒュー」という妙な音が聞こえた。
聞きなれた宇宙船内の機器のノイズではない。
真空の宇宙空間だから外の風切り音もない。
それが1時間も続き、録音されていた!

こちらの動画だが、いろいろ前置きがあって、
実際の謎の音は、2分過ぎあたりからだ。



どうだろうか?
音楽か何かのノイズか?

こんな会話が交わされた。
It sounds like, you know, outer space-type music.

You hear that? That whistling sound? Whooooooooo!

Well, that sure is weird music!


「なんというか、宇宙空間的な音楽だ」
「聞こえたか、あのヒューヒューいう音、フゥーッ」
「うん、確かに不気味な音楽だ」


<スポンサードリンク>



まぁ、宇宙人が音楽を流してくれた訳は
ないにしても、

NASAの技術者の説明では、
 互いに近くにある月着陸船と司令船の無線電波が
 起こした干渉で生じた雑音だった可能性が高い
という。

月面着陸した(とされる)次のアポロ11号に乗った
マイケル・コリンズ(Michael Collins)氏は、
予めその音(?)のことを聞かされていたそうだ。

コリンズ氏の著作
『Carrying the Fire: An Astronaut's Journeys』には、

「前もって注意を受けずにその音を聞いていたら、
腰が抜けるほど怖い思いをしただろう」

「幸いなことに、その音については
(UFO愛好家ではなく)無線通信技術による説明が
前もって用意されていた。それは、月着陸船と司令船の
VHF無線の間で起きる干渉だった」
とある。

いやいや、そういう類の音じゃない。

さて、真相はいかに?

コメントの中には、
「ピンク・フロイドが『エコーズ』のエンディングで使っていた音だ」
なんてのもあったが(笑)

ピンク・フロイド 『おせっかい』
 1.吹けよ風,呼べよ嵐
 2.ピロウ・オブ・ウインズ
 3.フィアレス
 4.サン・トロペ
 5.シーマスのブルース
 6.エコーズ



参照:AFPHuffpost Weird News


<関連記事>
世界中で妙な音や爆発音が響く!?
変な音の後に変な雲が空から舞い降りてきた @モロッコ
"2015 RR245"~海王星より外側の「ミニ冥王星」発見
太陽が3個、昼が140年も続く太陽系!
NASAが木星の巨大オーロラを公開!ジュノーも独立記念日に木星周回軌道入り
スペースX社が2025年に火星植民へ!
重力波は時空の「さえずり」!?
地球に似た太陽系外惑星3つ発見、生命体は?


<スポンサードリンク>




タグ:音楽 アポロ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。