So-net無料ブログ作成

ペットボトルの分解菌がゴミ捨て場で見つかる! [IT・技術・科学]

ペットボトル等の原料であるPETを分解し栄養素とする
細菌が見つかった。それもゴミ捨て場から。

これで、化学処理によらないPETサイクルが進む!

PetBunkaiSakaiensis.JPG
(出典:京都工芸繊維大学


<スポンサードリンク>



普段ペットボトルと呼んでいる「ペット」=PET
=ポリエチレンテレフタレート
プラスチックの一種。

これまで、このPETは自然界では分解できない
というのが通説で、リサイクルできなかったものは
廃棄(埋め立て等)されてきた。

京都工芸繊維大小田耕平名誉教授らが、
2000年に堺市のゴミ捨て場で微生物群を採取し、
飢餓状態になると、栄養分を得るために
PETを分解する微生物を発見した。

堺市で採取したサンプルから発見できたので、
Ideonella sakaiensis (イデオネラ サカイエンシス)
201-F6株と命名された。

その特定には10年以上の研究を要し、
その細菌は、60mgのPETを約70日で
分解することが分かった。

また、細菌が2種類の酵素を使って、
分解を進める仕組みも解明した。

PETは水と炭酸ガスに分解するが、
途中までにとどめれば
リサイクルに利用できそうだという。


<スポンサードリンク>



ペットボトルのリサイクルは日本では80%以上だが、
ヨーロッパでは約40%、アメリカでは約20%に
留まっている。

PETRecycleRate.jpg
(出典:日本PETリサイクル推進協議会

その上、PETはペットボトルだけでなく、
容器包装、フィルム、繊維(衣類)などにも使われ、
ペットボトル以外はリサイクルできていない。

そのリサイクルされている部分も
化学処理であり、環境によろしくない。

今回のPET分解菌を有効に使えば、化学処理よりも
エネルギーの消費が小さく、環境にやさしい
「PETバイオリサイクル」が実現できる。

早くに実用化されて欲しい。


出典・参照:読売新聞京都工芸繊維大学日本PETリサイクル推進協議会


<スポンサードリンク>



タグ:pet 分解菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。