So-net無料ブログ作成

モアイ像の下を掘ったら何が? [宇宙・文明]

先日「とまりーな」の記事の中で宮崎・日南の復刻モアイ像
話を出しましたが、こんな動画を見つけました。
えっ?って感じで、ホント意外です!

※2016/8/10「世界何だコレ!?ミステリー」でも取り上げられるかどうか??

Moi1s.jpg
(フリー写真)


<スポンサードリンク>



ある調査隊が、モアイ像の下を掘ってみたら、
首、胸の下にまだ先がありました。
胴体部分もあったのです!

Moai2.JPG

背中には、何か模様も彫られていました。

Moai3.JPG

更に、更に掘っていくと、
なんと足まで!

Moai4.JPG

こんなに細くて背も高いと立たないですよね。
埋める前提だったのでしょうか?
でも、それだと模様を掘ったりする意味がないし・・・

よく分かりませんが、発掘の状況はこちらです。


(上の3点の写真はこのYouTubeより)


<スポンサードリンク>



上のように、全部が全部胴体や足まである訳では
ないでしょう。

胸のあたりまでであれば、山の石切り場から
このように移動させたのではないかという
実験が行われています。



なんか、かわいいですね。
でも、とても現実的です。

ただ、上のように足まであったら、
とても、とても運べないですね。
コロを使ったという説や実験もあります。

いずれにしても、絶海の孤島であるイースター島に
なぜ1000体以上ものモアイ像が作られたのか?

高さ3.5~20m、重さ20~90トンもあります。
作られたのは、5世紀頃と想定されています。

像にヤシの花粉が付着していて、
それを分析したら5世紀と出てきたそうです。

下の土台を掘ったら、人骨が出てきた例があります。
そのため、これはお墓(墓碑)ではないかという
説が有力です。

他にはよくある「祭祀場」説ですね。

モアイ像とは別に、象形文字が記されたタブレットが
見つかっていますが、そのロンゴロンゴ文字が解読されて
おらず、なんとも言えません。

ちなみに、渋谷にあるのは「モヤイ像」です。

しかし、モアイ像の土の下に胴体や足まであったとは・・・

ティッシュスタンド
ビッグモアイJr.



<スポンサードリンク>




タグ:モアイ 胴体
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。