So-net無料ブログ作成

太陽が3個、昼が140年も続く太陽系! [宇宙・文明]

アリゾナ大学の天文学チームが、
太陽を3つももつ惑星を発見した。

衛星(月)を3つではなく、太陽を3つである。

太陽,3個
(出典:アリゾナ大学


<スポンサードリンク>



そこでは、中央に大きな太陽が1つ、
その周りを惑星のように回る連星の太陽が2つある。

大きさや距離関係はまったく異なるが、
この地球がそこの惑星だとすると、

中央に太陽がある他に、木星と土星も恒星になって
その木星と土星がお互いの周りを回りながら、
太陽の周りを回っているようなイメージだ。

実際には、中央の太陽はここの太陽の約1.8倍。
連星の残り2つの太陽は、太陽と土星くらいの距離を空けて、
300天文単位離れた軌道を回っている。

(1天文単位=太陽と地球の平均距離≒1億5000万km)

「HD131399Ab」と命名されたこの惑星は、
地球から約340光年の距離で、
ケンタウルス座にある。

できたのは、約1600万年前のこと。
地球は約46億才なので、比較的若い。
ただ、木星の4倍くらいの質量をもつ。

HD131399Abの発見者は、
アリゾナ大学博士課程1年の学生さんだ。
ケビン・ワグナーさんという。

HD131399Abは地球年にして約550年で
中央の太陽を回る、
すなわち公転周期が約550年。

その半分の期間は、空に大きさや明るさの
異なる3つの太陽が見える。
このうち2つは連星で非常に接近している。

毎日、3回の日の出と日の入りを楽しめる(?)のはいいが、
3つの太陽の位置関係の加減で、
ある太陽が沈むと、他の太陽が出てくる
ということも起きる。

そうすると、軌道全体の約4分の1弱の
140年(地球年)は、ずっと昼のまま
という奇妙な状況になってしまう。

今回の発見は、一昨日の天の川の記事で登場した
ESO=the European Southern Observatoryがもつ
「分光偏光高コントラスト太陽系外惑星探査(SPHERE)」
という観測装置でなされた。




今回のケースでは3つの太陽だったが、
連星が2つで計4つの太陽をもつ恒星系も
2ヶ所ほど見つかっているらしい。

宇宙にはまだまだ不思議がいっぱいある!


出典:アリゾナ大学


<関連記事>
"2015 RR245"~海王星より外側の「ミニ冥王星」発見
天の川をパソコンかタブレット、スマホで見てみよう!
NASAが木星の巨大オーロラを公開!ジュノーも独立記念日に木星周回軌道入り
スペースX社が2025年に火星植民へ!
アポロ飛行士が月の裏側で聴いた音楽!?
重力波は時空の「さえずり」!?
地球に似た太陽系外惑星3つ発見、生命体は?


<スポンサードリンク>




タグ:太陽 連星
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。