So-net無料ブログ作成

Pokémon GO が社会現象化、日本でも秒読み! [アニメ・ゲーム・アプリ]

7月6日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで
スマホゲーム「Pokémon GO」(ポケモンゴー)の配信が始まり、
早くも社会現象化している。

日本での配信も秒読みの模様だ。




<スポンサードリンク>



普通ゲームは家の中や電車で移動中などに
座って、あるいはじっと立った状態ですることが多いが、
ポケモンGOの場合は外を移動しながら。

位置情報と合わさって、現実世界を舞台に
ポケモンを捕まえたり、バトルしたりするからだ。

家に閉じこもっていたゲーマーたちが
ポケモントレーナーとして、
街に、公園に、ショッピングセンターに繰り出している。

既にみんな中毒になっている。

ニュースキャスターが生放送中にハマる!?



プロレスラーがインタビュー中にハマる!?



公園中、ポケモンGOする人ばかり!



あまりの人気に、ハリウッドで実写化なんて話も!?



もうブームどころではない状況です。

任天堂の株価も急騰しているし。
ただ、実際にゲームを開発したのは、任天堂ではなく、
アメリカのナイアンティックと日本の株式会社ポケモン。

ナイアンティックは2014年にGoogleから独立した会社で、
Google、株式会社ポケモン、任天堂(32%)が出資している。

これも歩きスマホになりますので、
道路に飛び出したり、ホームから落ちたり、
人とぶつかったりしないよう、
くれぐれも周囲にご注意を!

ダウンロードサイト:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo


参照:NewsSphere


<関連記事>
ポケモンGOの秘密の使命!ロシア、中国では配信されない
ポケモンGOに夢中で事故、歩きスマホは危険!保険も必要!?


<スポンサードリンク>




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。