So-net無料ブログ作成

アリババカーにアリババID、車にログインする時代になるのか!? [社会・流行・乗物]

中国最大手のeコマース企業アリババ(阿里巴巴)が
中国最大の自動車企業SAIC(上海汽車)と組んで、
8月に「インターネットカー」を発売するという。





<スポンサードリンク>



ログインというと、普通はパソコンやスマホ上で
OSやアプリに対してすることだが、
ここでは車にログインするのだ!

 車名:RX5
 製造:SAIC(上海汽車)
 OS:YunOS
 ID : Alibaba ID
 その他:360度カメラ装備

名前も外観もマツダのRX-5のパクリですよね。

車にOSってのも変ですが、
これは、インターネットカーですから。。。

YunOSというのは
アリババがAndroidをベースに作ったスマホ用OS。

でも、スマホに限らず、家電やゲームなどにも広げ、
IoT=Internet of Things(モノのインターネット)に
向けたOSに進化中。

今回更に車にも守備範囲を広げ、
GoogleのAndroid AutoやAppleのCarPlayに対抗し、
中国でのスタンダードにする狙いとも取れる。

車にログインすることにより、
自分の車であれ、レンタカーやカーシェアリングであれ、
こんなことが想定できる。
  • お好みの音楽を流す
  • ナビを自動的に出す(いずれ自動運転も)
  • 高速料金を支払う
  • 駐車場代を支払う
  • スタンドでガソリン代を払う
  • 行先のホテルやレストラン等の予約をする
  • 360度カメラの画像をインターネットにアップする

車の外観や内装、エンジンまでは
車自体を変えるしかないものの、
ログインすれば、どんな車もマイ設定になる訳だ。

自動車用OSがどれほど重要性をもつようになるか
まだよく分かりませんが、IoTの一角になることは
間違いないでしょう。

日本のメーカーはどう動くのでしょうか??
何年か前に、「この車インターネットできますか?」
なんてコマーシャルはありましたが・・・


ref:The Huffington Post


小泉 耕二 (著)
2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門
小林 純一 (著)
勝者のIoT戦略



<関連記事>
エンジンの付いた車は2030年以降ドイツを走れなくなる!?
車の燃費が倍になる!
市街地走行もできる高級スポーツカーNSXがフルモデルチェンジ、2370万円で販売
日産GT-Rがamazonプライムデーで1台限定販売
プリウス試乗味のコーヒーとガムって!?
Apple Carのコンセプトムービー
ほとんどトランスフォーマー!ケーニッグゼグのスーパーカー
交通事故で弁護士を頼むのは大変ではない!
トヨタ『86 GRMN』を100台抽選で限定発売!1/4-22Web申込
1368ccの小さなジープ・レネゲード発売!


<スポンサードリンク>





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。