So-net無料ブログ作成

ミシガン湖の湖底にストーンヘンジ?『世界の何だコレ!?ミステリー』 [宇宙・文明]

今晩放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』
アメリカの五大湖の1つミシガン湖の湖底に眠る
古代遺跡ストーンヘンジらしきものを特集するらしい。

ミシガン湖,ストーンヘンジ
(出典:BlogBlog


<スポンサードリンク>



普通ストーンヘンジといえば、こちらのイギリスのもの。

StoneHenge.jpg
(フリー写真)

しかし、今回特集されるのはアメリカのミシガン湖の湖底。

これは2007年にミシガン大学の考古学チームが
難破船をソナーで捜索中に発見したものだ。

ミシガン湖は世界第5位の大きな淡水湖で、
琵琶湖の86倍もある。
そこの北部の小さな湾の湖底で見つかった。

もう9年もたつが、調査等の続報は聞かれていない。

場所は水深12mほどとそんなには深くない。
湖底に多くの石が500mにも渡って並べられている。

必ずしも環状ではないが、
ストーンサークルみたいな感じだ。

MichiganStoneHenge2.jpg
(出典:BlogBlog

そして、一部の岩にゾウのような動物が彫られていた。
マストドンではないかと推測されており、
1万年ほど前ならば人類と共存していたそうだ。

MichiganStoneHenge3.jpg

ミシガン湖は氷河湖で、約7000~9000年前の
後氷河期時代の頃、一部が水面上に出ていた。
その頃の遺跡かも知れない。

今回は水中に潜って日本初の取材・放送となる。
何か新しい発見があることを期待したい。


ref) BLOGBLOG世界何だコレ?ミステリー


<関連記事>
イギリスで摩訶不思議な5000年前の巨大石板を再発掘!
ネアンデルタール人がストーンサークルを作っていた?
カザフスタンで巨大地上絵、グーグルアースで発見!
ボスニア・ヘルツェゴビナで謎の大石球


オーブリー バール (著), Aubrey Burl (原著)
ストーンサークル―不思議な巨石群
(開かれた封印 古代世界の謎)
須田 郡司 (著)
日本の聖なる石を訪ねて
―知られざるパワー・ストーン300カ所
(祥伝社新書252))



<スポンサードリンク>








nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。