So-net無料ブログ作成

ポケモンGOの秘密の使命!ロシア、中国では配信されない [アニメ・ゲーム・アプリ]

世界に広まるポケモンGOだが、
そこには秘密の使命があるらしい!?

PokemonGO2.jpg
(フリーイラスト)


<スポンサードリンク>



前にも書きましたが、ポケモンGOを
開発しているのはアメリカの
ナイアンティックhttps://www.nianticlabs.com/
というベンチャー企業。

で、そのナイアンティックは2014年に
Googleから独立したアメリカ企業。
ポケモンGOの開発・配信・運営を行う。

そこへGoogleが配信インフラと
地図情報サービスを提供している。

日本の株式会社ポケモンがライセンス元。
任天堂は出資はしているが、開発元ではない。

任天堂株は一度は2倍くらいに急騰しましたが、
ポケモンGOで直接利益が出る訳ではないと分かり、
その後一気に下がりました。

皆さんご存知のGoogle EarthGoogleマップ
生みの親でもあるジョン・ハンケ(John Hanke)
という人がいるのですが、

その人が、2001年にCIANGA(アメリカ国家地球空間情報局)の
出資を受けてKeyholeという会社を設立しました。

そのKeyhole社を2004年にGoogleが買収し、
それが今のナイアンティックになったのです。

ポケモンGOに間接的にアメリカの
国家機関が絡んでいるなんて・・・


<スポンサードリンク>



世界中の人たちが、ポケモントレーナーとして
あちこちに出かけて行っては、ポケモンを探すついでに
無意識に街や建物の映像を撮っています。

それが、どんどん、どんどんナイアンティックに集まるのです。
映像を手に入れたい場所や建物があれば、
そこにポケモンを忍ばせると・・・

そういうことで、ロシアのプーチン大統領は、
ロシア国内での「ポケモンGO」の使用を禁止して
しまいました。

中国も習近平・国家主席が軍事施設などの重要情報が
漏えいすると懸念しているそうです。

だから、ロシア、中国では
ポケモンGOは配信されないという次第です。

邪推・陰謀論か本当か知りませんが、本当なら
ポケモンGOにはそんな秘密の使命(?)がある
という訳です。


ref) 闇株新聞


<関連記事>
Pokémon GO が社会現象化、日本でも秒読み!
ポケモンGOに夢中で事故、歩きスマホは危険!保険も必要!?


<スポンサードリンク>
 




タグ:ポケモンGO
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。