So-net無料ブログ作成

木星の大赤斑の上空は1000度もの超高温! [宇宙・文明]

木星の大きな特徴である赤い目=大赤斑の上空は、
930~1330度もる超高温だという!

JupiterGreatRed.jpg
(出典:Hubble Space Telescope


<スポンサードリンク>



大赤斑(Great red spot)は、
木星にある高気圧性の巨大な渦。

直径が約2万kmと地球の3倍もある。

望遠鏡でも観測でき、1665年に
ジョヴァンニ・カッシーニが発見した。

この大赤斑から熱が発せられて、
上空の大気が非常に高温になっていることが
最新の研究で分かったそうだ。

それが、930~1330度
火山の溶岩より高いのだ。

地球よりも5倍以上も太陽から離れているので、
太陽からの熱では説明がつかない。

いくつものジェット気流のようなものが、
狭い間隔で、非常に速い速度と風力で
ほぼ平行に互い違いの方向に吹いている。

そこでは、大量の運動エネルギーとともに、
気流がぶつかることで作り出された音波と大気重力波が
放出され、熱を生む原因となっているらしい。

気流のぶつかり合い等で
溶岩より高温が生じるというのは
なかなか想像が難しい。

7月初めに木星の軌道に入った
NASAの探査機「ジュノー」から送られてくる
観測結果が、大赤斑の謎の解明を進めるカギになるかも知れない。




ref) CNN.comウィキペディア


<関連記事>
ジュノーが木星にフライバイ、意外な画像と巨大オーロラのさえずりを記録!
NASAが木星の巨大オーロラを公開!ジュノーも独立記念日に木星周回軌道入り


光で回る地球儀 ムーバグローブ
MOVA Globe 4.5インチ
惑星・衛星シリーズ
【並行輸入品】 (木星)
シルバー木星タリスマン



<スポンサードリンク>
 




タグ:木星 大赤班
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。