So-net無料ブログ作成

神奈川のパワースポット巡り その2 [スピ]

今日は神奈川県横須賀市付近のパワースポットを巡ってきた。

訪れたのは次の3ヶ所。
・走水神社
・叶神社
・安房口神社

PowerSpot_Yokosuka2.jpg


<スポンサードリンク>



走水神社


神奈川県横須賀市走水2-12-5
御祭神:日本武尊、弟橘媛命

走水神社

この辺りは海と山が非常に迫っています。
国道16号(よこすか海岸通り)から少し中に
入ったところに走水神社はありました。

住宅の間のかなり狭い路地を登った先に
意外と広い駐車場がありました。

手水舎の水は地下30mからの湧水だそうで
陽気の暑さとは対照的に
びっくりするくらい冷たかったです。

それが何となく硬水っぽかったのですが、
帰宅後に調べたら、硬水の水源地がすぐ近くにありました。

走水神社

日本武尊が景行天皇の命による東征の途中
この走水から上総国に渡る際に、冠を村人に与え、
村人はこの冠を石櫃に納めて土中に埋め、
その上に走水神社が創建されたそうです。

ところが船が荒波(=走水)で転覆しそうになり、
御后の弟橘媛命が海中に身を投じられ、
たちどころに海は凪いで無事渡れたという
言い伝えがあるそうです。

弟橘媛命

今日は30度以上の暑い日でしたが、
境内はさほど暑さを感じず、
海と山のパワーが濃く締まったような感じでした。
地下水のパワーもあったかも知れません。

河童伝説があるらしく、
本殿の右手裏に水神社もありました。

でも、それら以上に裏山から何かを感じました。

本殿の左手を進むと裏山に続く道があり、
神明社、須賀神社、諏訪神社の
3つの古い祠がありました。

神明社,須賀神社,諏訪神社

非常に古く、独特の雰囲気を放っていました。
でも、どちらかというと陰のパワーでした。

その少し戻ったところに、古代稲荷社跡があり、
西暦110年10月に日本武尊命が蝦夷征討の
祈願をした祠があった場所だそうです。

走水神社,古代稲荷社

何となくそこへしゃがんで目を閉じたところ、
なぜか「UFO」という言葉が浮かびました。
周りを見渡しましたが、森の中で空も見えませんでした。

これで終わりかと坂を下り始めましたが、
何かを見落としているような気がして、
右手上を振り返ると、木漏れ日の中に
何かを感じました。

走水神社

近づきたいと思ったのですが、道がありません。
磐座のような岩か太い木に見えました。

その時は、そのように感じたのですが、
帰宅後に写真を拡大すると、ガラス窓のある小屋
のようなものがあります。

結局何だか分からずじまいですが、
写真にあるように不思議な光が写りました。


次に叶神社に向かいます。
距離は2-3kmと比較的近いです。


叶神社


神奈川県横須賀市西浦賀1-1-13
御祭神:誉田別尊(応神天皇)
     比売大神
     息長帯比売命(神功皇后)

IMG_6055s.JPG

こちらも海岸沿いの道から1本中にありました。

知らずに行ってしまったのですが、
叶神社(西)とあったのが気になったのですが、
帰宅後に調べたら、
湾の反対側に東叶神社もありました。

東叶神社へは「市道2073号」という珍しい海上の道(?)があり、
「浦賀の渡し」という渡し船で3分で渡れるそうです。

社殿の中は見られませんでしたが、
お参りの際に、立派な彫刻が目につきました。

IMG_6060s.JPG

中もすごいようで、安房の代表的彫刻師、
後藤利兵衛義光の作だそうです。
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/pg409.html 参照

由緒としては、養和元年(1181年)に
神護寺文覚上人が京都、石清水八幡宮より
勧請し創建したそうですが、
私の感覚では、村の守り神様という感じでした。

よそ者を排除する雰囲気はありませんが、
自分は部外者で、中に入り切れないという
感覚がありました。

ちなみに、社殿の右手に、
狭くて急な階段があり、その上に
「金毘羅大権現遥拝所」というのがありました。

IMG_6065s.JPG

ここは、叶神社とは別空間です。
その先に何があるのか不明ですが、
奥の方角の何かを拝む場所なのでしょう。

そのどこかへと、宙を飛んで行きそうな感覚がありました。


<スポンサードリンク>



次に安房口神社ですが、ナビに従って行くものの、
山のくねくね道で隣の道との区別が付かず、
マンションの敷地に入ってしまったり、
ずいぶん迷いました。


安房口神社


神奈川県横須賀市吉井3-95
御祭神:天太玉命

安房口神社

安房口神社は、こんなところに?
と思ってしまう意外な場所にありました。

比較的新しい住宅街の中の小山の中にあり、
ナビで住所を入れても、入口には着きません。
鳥居はありますが、社殿すらないのです。

神社自体は古いので、住宅街の方が後ですが、
鎮守の杜とも言われ、
周りとは隔絶した空間になっています。

ここは、霊石を霊代とした古来の磐座
神社になったところでした。

日本武尊がが東征の際に勝利祈願し、
源頼朝や北条義時も武運を祈って参拝した
と言われているそうです。

源頼朝の妻北条政子が懐妊の際に
安産祈願に参拝したそうで、今は安産祈願の神
として信仰されているそうです。

で、その霊石ですが、残念なことに
鉄の檻に入ってしまっていました。

IMG_6072s.JPG

きっとイタズラが絶えず、やむなくこうしたのかも
知れませんが、やり過ぎではないかと・・・

鳥居があったり、狛犬がいたりするものの、
私には猛獣を閉じ込めているようにしか
見えませんでした。

かつては、まれなる御霊石として強大なパワーを
放っていたと想像しますが、
そのパワーも檻に封印されてしまっている感じでした。

というか、御霊石が苦しがっているようにも見えました・

せめて、もう少し石から離して、棒の間隔も広く、
木製にするとかして欲しかったものです。
あまりに無粋ですし、神様に失礼かと。

裏手にこんな石があったのですが、
こちらの方が解放されていて、パワーを感じました。

IMG_6087s.JPG

霊石から少し離れた木立の中で写真を撮ったら、
オーブがいくつか写りました。

IMG_6091s.JPG

御霊石の前にもどると、クロアゲハと思しきチョウが
たくさん舞っていました。
私のすぐ近くまで来てくれました。

なんだか、「大丈夫だよ」って
言っているように感じたのですが、気のせいか??

----------------------------------

ということで、今日は横須賀付近の日本武尊関連の
パワースポットのレポートでした。


<姉妹サイト>
パワースポット・不思議スポット

<関連記事>
パワースポットまとめ
神奈川のパワースポット巡り その1
富士のパワースポット巡り
三島~西伊豆パワースポット巡り 1/2
三島~西伊豆パワースポット巡り 2/2


<スポンサードリンク>
 




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。