So-net無料ブログ作成

神奈川のパワースポット巡り その4|ゆるぎの里「きさわ」 立石 [スピ]

「日本の聖なる石を訪ねて」という本を見ていたら、
比較的近所にもおもしろそうなところが見つかり、
早速行ってみた。

ゆるぎの里「きさわ」 立石

立石


<スポンサードリンク>



本には小さな写真と最低限の説明しかなく、
いろいろ検索の結果、ここの説明で
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=68479
概要が分かった。

車のナビに中吉沢の池付近の住所を入れて
行ったら、途中松岩寺の案内板があり、
そこから出発した。

松岩寺

しばらくのどかな農道を進む。
平塚の市街から約5km、
新幹線の線路からわずか1kmの場所に
こんな大きな森と山があったとは・・・

農道から山道に入ると、蚊がやたらと
飛んできて、ずっとあの嫌な音を立てる。
それも目の周りにくるからたまらない。

20分ほど山道を行くと、霧降りの滝があった。

ところが・・・
今は水が少ないらしく、
ほとんど滝になっていない。

http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=68479
の写真にあるような滝を期待して
行ったのだが、水がちょぼちょぼで、
マイナスイオンも飛んでいない。残念。

霧降りの滝

気を取り直して、更に森の中を進む。
以前行った箱根の飛龍の滝ほどではないが、
アップダウンがそこそこ激しく、
足元も滑るところがある。

そして、20-30分で日之宮神社に到着。

日之宮神社

これはさすがにGoogleマップにも出ていなかった。
山の頂でスーッと気持ち良い風が吹く。
平塚市街の眺めもよい。

IMG_6158s.JPG

パワースポットとは言わないまでも
とても気のいいい場所だった。

そこから急な斜面を60mほど降りると
目的の「立石」があった。

IMG_6172s.JPG

立石という名前から、
縦に長い石が立っているのかと想像していたが、
実際には縦横3~3.5mの丸っぽい大きな石だった。

すぐにでも下に転がり落ちそうだが動かない。
まさに鎮座!

表面は結構ごつごつしている。
周りには似たような石は全くない。

見かけとは違い、かなりホワっとした柔らかい気を放っていた。
温かく包んで、癒してくれる感じだ。

立石

日本武尊が東征の途中で、
この石に腰かけて休んだという
伝説があるそうだ。

日本武尊もずいぶんとあちこちに伝説を残している。

もう1つの伝説で、この石を7回半回ると
どこからか大蛇が出てくるという。

これは出てこられても困るので遠慮した。

しばらくそこで時間を過ごし、
また急斜面を登って日之宮神社に戻り、
元の道を霧降りの滝まで戻った。


<スポンサードリンク>



せっかく来たので、中吉沢の池にも行ってみようと。

滝から池への道は、森の木々がコケで緑に覆われ、
ちょっと太古的な空間だった。

きさわ

IMG_6191s.JPG

それも15分ほどで、中吉沢の池に出た。
小さな池だが、先ほどの日之宮神社付近を水源とする
川の水を農業灌漑用にせき止めたものだそうだ。

IMG_6194s.JPG

魚は見えなかったが、数人の釣り人がいた。
ここは特に気のいい場所という感じではなかった。

でも、立石に行くなら、松岩寺から行くよりも
この中吉沢の池から行った方がいいだろう。


ということで、今日はパワースポットというか、
パワーストーンを見てきました。

須田 郡司 (著)
日本の聖なる石を訪ねて



<姉妹サイト>
パワースポット・不思議スポット

<関連記事>
パワースポットまとめ




<スポンサードリンク>




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。