So-net無料ブログ作成

ジュノーが木星にフライバイ、意外な画像と巨大オーロラのさえずりを記録! [宇宙・文明]

木星探査機ジュノーが初めて木星にフライバイ(接近通過)し、
大赤班のない意外な映像と巨大オーロラのさえずり(?)を
地球に送ってきた!

Jupiter_pia21030_main_2_north_polar_full-disk_a2.png
(Credits: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS)


<スポンサードリンク>



ジュノーは2011年に打ち上げられ、
今年2016年7月4日頃に木星の周回軌道に入った。
8月27日に初めてフライバイをした。

そのときは、時速20万8000kmの超スピードで
木星の表面から4200kmまで接近した。

多くの写真等のデータを得たが、
そのデータ量と地球との距離の関係で数日かかって
送ってきている最中だ。

その内の北極側19万5000km上空から
見た映像が上の写真。
大赤班もない角度からの画像で、
縞模様も少なく、妙に青っぽい。

これが木星だと言われても、本当?って感じだ。
渦もたくさん見えるが、台風のようなものらしい。
サイズは日本に来る台風の比ではない巨大さ。

もう1枚、南極側9万5000km上空からの画像で、
巨大オーロラが写っている。
地球が1つか2つ入ってしまう巨大さだ。

Jupiter_pia21033_jiram_aurora_d2.png


<スポンサードリンク>



この巨大オーロラは猛烈に強い電波を放っていた。
その周波数は7k~140kHz。
人の可聴域は、20Hz~20kHz。

これを人に聞こえるように周波数を下げてみたそうで、
これがその「オーロラのさえずり」だ。

声紋のように表し、強いほど赤寄りに
弱いほど青寄りの色で表されている。
(27秒付近から)


(Credits: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS)

スペースミュージックというか、何というか、
不思議な音だ。

データはまだすべては届いていないのと、
今後も30数回のフライバイをするので、
また何か新しい発見があるかも知れない。

楽しみに待ちましょう!


ref) NASA


<関連記事>
探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌを目指して打ち上げ成功!
木星の大赤斑の上空は1000度もの超高温!
NASAが木星の巨大オーロラを公開!ジュノーも独立記念日に木星周回軌道入り
オーロラの鳴き声の正体が判明!
重力波は時空の「さえずり」!?


光で回る地球儀 ムーバグローブ
MOVA Globe 4.5インチ
惑星・衛星シリーズ
【並行輸入品】 (木星)
シルバー木星タリスマン



<スポンサードリンク>




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。