So-net無料ブログ作成

探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌを目指して打ち上げ成功! [宇宙・文明]

NASAの小惑星探査機「オシリス・レックス」(OSIRIS-REx)が
地球近傍小惑星「ベンヌ」に向けて、8日夜(日本時間9日朝)に打ち上げられた。

Bennu1s.jpg
(出典:NASA


<スポンサードリンク>



打ち上げは、先日スペースX社のロケットが爆発してしまった
ばかりのケープカナベラル空軍基地からアトラスVロケットで
行われ、今回は成功した。




行先のベンヌというのは、地球に近い軌道を約6年周期で
回っている直径500m弱の小惑星だ。

1999年に発見され、2135年に地球と月の間を
すり抜けるか、衝突するかも知れないと言われている。

オシリス・レックスは、2018年にそのベンヌに到着し、
表面の土や岩石のサンプルを採取して、
2023年に地球に持ち帰る計画だ。

日本の「はやぶさ」が小惑星イトカワに対して行った調査と
同様の目的である。

ただオシリス・レックスは、2年ほどベンヌ付近に留まって
地図作成など様々な調査を行い、
サンプル採取は地表に降下して行う予定だ。

そして、ヤルコフスキー効果という
天体の熱による軌道への影響の調査も行う。

というのも、ベンヌは1999年の発見当時と
軌道がずれてきているのだ。

とにかく、ベンヌの大きさや形状、質量、組成など
できる限り多くの情報を収集し、
まだ100年以上先とは言え、万一に備える必要がある。


一方、2014年に打ち上げられた日本の「はやぶさ2」は、
2018年半ばに小惑星「リュウグウ」に到着し、
サンプル採取等の上、東京オリンピックの後
2020年末ごろ地球に帰還予定となっている。


両探査機で多くの成果を期待したい。


ref) AstroArtsNASATOCANA


NHK-DVD 小惑星探査機“はやぶさ”の軌跡
川口 淳一郎 (著)
はやぶさ、そうまでして君は
〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話



<関連記事>
3月5日小惑星「2013 TX68」が人工衛星の高度まで接近!
ジュノーが木星にフライバイ、意外な画像と巨大オーロラのさえずりを記録!
「あかつき」、周回軌道投入に成功!
スペースX社のロケットが打ち上げ前に爆発、その後方に影が!?
スペースX社が2025年に火星植民へ!


<スポンサードリンク>




タグ:小惑星 探査
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。