So-net無料ブログ作成

山梨の巨石・パワースポット|昇仙峡と大滝 [スピ]

山梨2日目。
昨日のうちに予定していたところは行けたので、
10数年ぶりに昇仙峡に行ってみた。

仙娥滝,大滝


<スポンサードリンク>


昇仙峡


前は中央高速の甲府昭和ICから行って、
今回は甲府の町中から違うルートで行ったので、
途中までは違う場所に来てしまったように感じた。

仙娥滝の上のお土産屋さんの集まったあたりに
着いて、やっと思い出す風景は増えたが、
10数年でだいぶ変わっていた。

しかし、もちろん自然の方は以前からのまま。

仙娥滝は水量豊富で、雄大な滝だった。
下の方に虹も出ていた。
マイナスイオンもたっぷり。

仙娥滝

仙娥滝の下流側には、超巨大な石がゴロゴロ。
昨日の大石神社の本殿裏の御影石並みか
更に大きな巨石ばかり、すごい!

仙娥滝

さすがに、聖なる性質をもつものではないけれど、
その存在感は圧倒的!

石門もとにかくでかい。

石門

水の流れ、巨大すぎる石・石・石、絶壁、
楽しく散策させていただいたが、
昇仙峡の情報は巷にたくさんあるので手短に。


<スポンサードリンク>



大滝


午後からは、今まで行ったことのなかった、
昇仙峡の上の方の板敷渓谷にある大滝へ。

ここは一度通り過ぎてしまった。
目立つ案内板等がなく、
大滝橋という橋があったので、
その辺りを探すと小さな看板があった。

大滝橋の次の板敷橋の脇の
「パワースポット 板敷渓谷」という看板の
前を下に降りて行く。

IMG_6888s.jpg

橋の下にまた歩行者用の橋があり、
それを渡るとすぐ滝がある。

「えっ、これが大滝?」
橋のほぼ真下にあり、道路からは見えない。

白髭滝

と思ったら、これは白髭滝という別の滝だった。
右に折れて通路が奥へと続いていた。

板敷渓谷

少し行くと「大滝まで220m」の立て札。

大滝

小さな階段や橋や、よく作ったと感心してしまう通路。
渓谷を数分進んでいくとあった!
落差30mほどの大きな滝が。

大滝

かなり滝つぼの近くまで行けて、
水しぶきがかかるくらい。

とても清々しい氣に満ちている。
座れる場所があれば、瞑想にもよさそう。

こんなところに、と意外なところに
意外と大きな滝であった。

まあまあ知られているとは思うけれど、
まだまだ穴場かも知れない。

今日は平日だったので、
人も2人しか見なかった。

滝の下の方に、気になる岩が1つ。

長さ1mくらいのそこそこ大きな板状の石が
流れの途中で引っ掛かって、
微妙なバランスで止まっているのだ。

とても人が持てる大きさ・重量ではなさそうだが、
下を小さな石や木の棒が支えている。
これは人でないとできそうにない。

でも、人には持てそうにないし。。。
一体、どうやってこうなったのか??

IMG_6885s.JPG

おまけに、帰ってから確認したら、
大量のオーブが舞っている!
一体全体なんなのか??


ということで、2日間の山梨での旅でした。


<姉妹サイト>
パワースポット・不思議スポット

<関連記事>
山梨の巨石・奇岩たち(パワースポット)
パワースポットまとめ


<スポンサードリンク>




タグ:昇仙峡
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。