So-net無料ブログ作成

エンジンの付いた車は2030年以降ドイツを走れなくなる!? [社会・流行・乗物]

ドイツの議会が、
2030年以降にガソリンやディーゼル機関など内燃機関を使用した自動車を禁止する

と議決したそうだ!?

エンジン
(フリー写真)


<スポンサードリンク>



エンジンのない車って何だ?
と思ったら、ガソリン・ディーゼルエンジンのことで、
電気自動車ならOKという意味だった。

ドイツ語で何だか分からないけど、
ドイツ連邦参議院(Bundesrat)のツイートがこれ。




さすがに、非現実的と非難する声もあるが、
3.11後に原発の新設禁止をすぐに打ち出し、
ヨーロッパでの影響力の大きいドイツの決意だけに
いきなりターニングポイントが来るかも知れない。

また、「パリ協定」でEUは2030年までに
二酸化炭素排出量を1990年比で
40%以上減少させるという目標もある。

フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の
排ガス試験不正問題があった影響で、
ドイツの自動車メーカーは電気自動車へのシフトを
強めている面もある。

先日10月1日から開かれたパリモーターショーでは、
ダイムラー、オペル、ルノーなどがEV(電気自動車)を
前面に押し出していたそうだ。

航続距離は600km以上のEVも出始めた。
ハイブリッド中心の日本とはだいぶ趣が異なる。

14年後の2030年、実際にはどんな社会に
なっているでしょうね?


cf) nikkei BP net


<関連記事>
車の燃費が倍になる!
アリババカーにアリババID、車にログインする時代になるのか!?


<スポンサードリンク>




タグ:エンジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。