So-net無料ブログ作成

プーチン大統領来日を控え、ロシア・ハカシア共和国で巨大火球が夜を昼に変える! [自然・動物]

12月15日に安倍首相と山口で会談予定の
プーチン大統領のロシアで、
12月6日すごいものが空を飛んでいた。

その日ロシア南部のハカシア共和国で、
18:50頃、大きな火球が空を横切り、
暗くなった夜空を昼のように照らしたのだった!





<スポンサードリンク>



ハカシア共和国の場所は、モンゴルの北西。



目撃者によると、閃光が約2分間輝き、
家を振動させ、雷鳴も聞こえたという。

爆発音を聞いたという人もいる。
車の盗難防止装置が切れてしまったという人も多い。
強力な電磁波が飛んだのだろう。

とにかく、暗くなった空が
一瞬にして昼間のように明るくなり、
それが1~2分続いたようだ。

緊急事態省によると、
大気圏で燃え尽きた流星で、
地上には影響は出なかったそうだ。

ロシアで流星、隕石といえば、
2013年2月15日に地上に落ちて被害も出した
チェリャビンスク隕石が思い出される。

今回は、幸い空中で燃え尽きてくれたので、
特には被害がなく済んだようだ。

こちらに、あちこちで観測された
火球の様子が映し出されている。




さて、両首脳も日ロの空を明るく照らすことができるかどうか?


ref) The Siberian Times


<スポンサードリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。