So-net無料ブログ作成

What is ワットウェー? 道路で太陽光発電 [IT・技術・科学]

アメリカやヨーロッパで、道路にソーラーパネルを埋める
太陽光発電がちらほらと始まっている!
日本は遅れているのか。





<スポンサードリンク>



フランス北部ノルマンディーで先週12月22日、
長さ1kmのソーラーパネルを敷き詰めた道路が開通した。
その名も「ワットウェー」=Watt + Way

これで、約5000本の街灯を灯し、
道路を温めて融雪にも使えるそうだ。

表面を厚く樹脂で覆って、トラックが通っても
問題ない耐久性がある。

今は1kmの長さしかないが、これを1000kmにも延ばす。
これにより、最大500万人分の電力を生み出すという
からすごい!

電力の8割をも原発に頼るフランスが、
ここまで代替エネルギーに力を入れている。

アメリカのアイダホ州でも、官民協力で
「ソーラー・ロードウエーズ」の試験を始めた。
LED電球で車線表示もできる。

ただ、大型バスやトラックが走っても問題ないように
頑丈に作るにはコストがかかり、
普及のネックになっている。

赤道付近なら路面で太陽光に垂直に当たるが、
中緯度では垂直にならず、変換効率が悪い。

ソーラーパネルなら日本企業も強いので、
原発はもういいから、こういうところに資金を
回してくれないものだろうか?

でも、普通に考えて、小さな石やタイヤで
パネル面が傷ついたり、汚れたりもあるだろうから、
年々発電量が落ちてしまう気もする。

発電効率や建設コストは分からないが、
どうせ道路に作るなら、
日本発の「振動力発電」はどうなのだろうか?
http://www.soundpower.co.jp/work/vibration.html 参照)


音力発電「シンプル!!! ベランダ防犯」
ベランダからの侵入検知、バッテリーレス、メンテフリーの防犯マット 「特許取得製品!」
音力発電 振力電池 実験キット
【SRD-001-BG-EK】



cf) 毎日新聞CECHR


<スポンサードリンク>




タグ:太陽光発電
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。